人生にゲームをプラスするメディア

アメリカゲーム業界の平均年収はおいくら?調査結果が発表される

ゲームビジネス その他

GameDeveloper誌は、ゲーム業界人の給料に関する興味深い調査結果を発表しています。

アメリカのゲーム業界人の、2007年の平均年収は743万円。前年度と比べると約2万円のアップとなっています。ヨーロッパのゲーム業界の平均年収が約520万円、カナダが約640万円となっており、アメリカゲーム業界の平均年収はかなり高い水準といえるでしょう。

最も高い年収を手に入れているのはプログラマーで、平均は約840万円。半分が学士号を持ち、26%は大学院での研究経験を持っています。正に理数系というわけで、海外ゲーム=高い技術力という評価はこうした人々によって支えられているといえるでしょう。

続くのは音楽クリエイター。年収の平均額は約740万円。音楽は、サントラや着メロなどゲーム外での展開も可能となっていることを考えると、妥当な数字といえるでしょう。

第三位はグラフィックを担当するアーティスト。平均額は約672万円。2007年度のアメリカゲーム界では、経験6年以上のアーティストが増加。次世代ゲーム機ではグラフィックのウェイトが大きくなっているだけに、朗報といえる結果です。

ゲームデザイナーの平均年収は約640万円。日本では人気の職種であるゲームデザイナーですが、アメリカゲーム界での平均年収が第四位なのは少し意外なところ。グラフィックのHD化と規模の巨大化が進行した、2007年のゲーム界を切り取った順位なのかも知れません。

GameDeveloper誌はゲーム業界を専門に取り扱っているという、日本では見られないテーマの雑誌。ゲーム開発者といっても人間であり、お金がなければ食べていけないので、こうしたテーマは、日本でももう少し議論されるべき所ではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. 『FF7AC』を盗作した韓国PVに3億ウォンの賠償命令

    『FF7AC』を盗作した韓国PVに3億ウォンの賠償命令

  3. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

    『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

  4. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  5. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  6. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  8. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  9. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る