人生にゲームをプラスするメディア

マーズフラッグ、スクウェア・エニックスへ「見える化」サイト内検索サービスを提供

「見える化」サイト内検索のパイオニア、株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:武井 信也 以下マーズフラッグ)は、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一 以下 スクウェア・エニックス)の公式ホームページ(http://www.square-enix.com/ )にこの度、ASP 「見える化」サイト内検索サービスMARS FINDER(マーズファインダー以下MARS FINDER)の提供を4月1日より開始いたしました。

ゲームビジネス その他
「見える化」サイト内検索のパイオニア、株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:武井 信也 以下マーズフラッグ)は、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一 以下 スクウェア・エニックス)の公式ホームページ(http://www.square-enix.com/ )にこの度、ASP 「見える化」サイト内検索サービスMARS FINDER(マーズファインダー以下MARS FINDER)の提供を4月1日より開始いたしました。

スクウェア・エニックスは、今回のMARS FINDER導入にあたり、ユーザビリティと利便性の更なる向上を追求し、お客様がホームページの豊富なコンテンツの中から目的とするページまで、より楽しく簡単に辿り着ける検索の提供を目指していました。

MARS FINDERの導入により、同社サイトのクオリティーの高いコンテンツデザインを活用した検索結果を表示し、探しやすく、楽しいサイト内検索を実現。
また、自社広告ツールの「ずばケン」機能※1をご採用いただき、情報発信力をさらに強化しております。

その他にもユーザーとのコミュニケーションギャップ解消機能である「インテリ・アドバイザー」機能※2もご採用いただき、検索ユーザーに配慮したサービスを実現しております。

マーズフラッグは、今後も積極的により多くの企業にMARS FINDERを提供していき、Webサイトをあらゆるステークホルダーにとってかけがえのない情報交換の場にする手助けに努めてまいります。

※1 「ずばケン」機能
   任意の単語にひも付け可能な自社広告機能。常に上位表示したいページをサイト管理者自ら登録可能。

※2 「インテリ・アドバイザー」機能
   検索ワードの入力中に候補ワードを自動表示する、キーワード補完機能

※SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXロゴ、ドラゴンクエスト/DRAGON QUEST、ファイナルファンタジー/FINAL FANTASY、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国における株式会社スクウェア・エニックスの商標または登録商標です。

株式会社マーズフラッグ
代表取締役社長 武井 信也
問合せ先:営業本部 営業課 上野 俊彦
TEL: 03-5362-5200
E-mail:press@marsflag.com
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. 技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 【CEDEC 2010】ポケモン石原恒和とドラクエ市村龍太郎が語る「人を楽しませるプロデュース」

アクセスランキングをもっと見る