人生にゲームをプラスするメディア

『ラグナロクオンライン』「アイテムデザインコンテスト2008」開催決定

PCゲーム オンラインゲーム

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、ユーザー数No.1(オリコン 顧客満足度ランキング調査)のMMORPG「ラグナロクオンライン」において、6thアニバーサリーパッケージ連動企画として、ユーザーの皆様からゲーム内アイテムのデザインを本日、2008年3月25日(火)より募集いたします。
入賞作品は、ゲーム内アイテムとして実装されるだけでなく、今後発売予定の「6thアニバーサリーパッケージ」に同梱いたします。

また、前回のアイテムデザインコンテストで最優秀賞となった「バルーンハット」が本日、2008年3月25日(火)より「ラグナロクオンライン」ゲーム内にて取得可能となりました。

========== 『アイテムデザインコンテスト2008』概要 ==========
6thアニバーサリーパッケージ連動企画として、ユーザーの皆様よりゲーム内アイテム(頭装備)のデザインを募集いたします。
入賞作品は、「6thアニバーサリーパッケージ」の同梱アイテムや、キャンペーンなどで配布するアイテムとしてゲーム内に実装させていただきます。

■テーマ
「ラグナロクオンライン」の頭装備アイテム

■スケジュール
<応募期間>
2008年3月25日(火) 〜 5月12日(月)当日消印有効

<結果発表>
2008年10月末予定(「ラグナロクオンライン」公式サイトにて)

■賞品
<グランプリ:1名>
・応募作品をゲーム内アイテムとして実装
(6thアニバーサリーパッケージ同梱予定)
・応募作品のゲーム内アイテム
・「ラグナロクオンライン」ゲーム内アイテム

<準グランプリ:4名>
・応募作品をゲーム内アイテムとして実装
(6thアニバーサリーパッケージ同梱予定)
・応募作品のゲーム内アイテム
・「ラグナロクオンライン」ゲーム内アイテム

<特別賞:若干名>
・応募作品をゲーム内アイテムとして実装
・応募作品のゲーム内アイテム
・「ラグナロクオンライン」ゲーム内アイテム

■応募方法
応募は郵送に限ります。
「ラグナロクオンライン」公式サイト『アイテムデザインコンテスト2008』特設ページにて応募要項をご確認の上、ご応募ください。
応募要項ページ:
http://www.ragnarokonline.jp/news/event/item_contest2008/

■応募資格
どなたでもご応募できます。
プロ・アマチュアは問いません。
※応募に関する条件など、詳しくは「ラグナロクオンライン」公式サイトをご確認ください。

----- 前回の最優秀作品「バルーンハット」取得方法概要 -----
昨年好評を得た「ラグナロクオンライン」情報バラエティ番組「ラグナロクch2」と「ラグナロクオンライン5thアニバーサリー」の連動企画として実施した「ラグナロクオンライン アイテムデザインコンテスト」の最優秀賞「バルーンハット」が遂にゲーム内で取得可能となりました。
この機会に、是非おためしください!!

■バルーンハット取得方法
「古い紫色の箱」及び「古く青い箱」より、一定確率で「バルーンハット」が出現します。

■バルーンハット実装日
2008年3月25日(火)定期メンテナンス終了後
《階堂 綾野》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

    PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

  3. 『PUBG』PC版に新チート対策が正式導入!中国プレイヤーに減少傾向も【UPDATE】

    『PUBG』PC版に新チート対策が正式導入!中国プレイヤーに減少傾向も【UPDATE】

  4. 『メイプルストーリー』第一回デザインコンテスト発表会開催〜石井めぐるさんも登場!〜

  5. 最強バージョンと呼ぶに相応しいPC版『GTA V』をウルトラハイエンドPCでやってみた

  6. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

  7. フランス産ケモノゲーム『Shiness』のJRPG臭がものすごい!新たなプレイ映像が公開

  8. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  9. PC9801版『サイレントメビウス』復活!PC向けパッケージとして新登場、マニュアルや「電脳新聞」も可能な限り復刻

アクセスランキングをもっと見る