人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5、映画ライセンスゲームを開発中―Brashと提携

ゲームビジネス その他

映画系のゲームメーカーであるBrash Entertainmentは、『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズで知られるファクター5(Factor 5)と契約を結んだと発表しました。開発タイトルは不明ですが、映画ライセンスに基づいた作品を2010年に発売するということです。今年7月のE3で発表する予定だそうです。

BrashのMitch Davis氏は、「私達はどの会社をパートナーとするか注意深く検討しました。どのような技術を持っていて、どれだけの能力があるのか。ファクター5は大きな実績を持つ間違いのない会社であるだけでなく、ゲーム作りやIPに対する高い情熱を持っていることが、この決定の大きな要因でした。真に素晴らしいゲームは、開発者が楽しんでいる中で生まれます」と述べました。

ファクター5のJulian Eggebrecht氏は、「通常、ライセンスゲームを開発する際には2つの問題点があります。1つは開発期間が短いこと、2つ目はどのようなゲームにするかについて非常に厳しい規制がかけられることです。クリエイティブな自由さの欠如は、その世界が魅力的であればあるほど苛立たしいものになります。しかしBrashとのコラボレーションは全く異なっていて、私達は既に2年以上開発を続けていますし、映画のゲーム化という点に強い理解を持ってもらっています。映画の世界を掘り下げていくのは本当に面白い仕事です」とコメントしています。

Brashは設立から沈黙を守っていましたが、昨日のゲームリパブリックに続いて、本日はファクター5をパートナーに加えたと発表しました。他にも多数のタイトルを開発中ということですから、今後も発表が続くかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  2. 【レポート】HTCとValveのVR HMD「Vive」新型はどう変わったのか

    【レポート】HTCとValveのVR HMD「Vive」新型はどう変わったのか

  3. 『バイオハザード2』リメイク版が開発決定! 平林Pから海外向けに映像メッセージ

    『バイオハザード2』リメイク版が開発決定! 平林Pから海外向けに映像メッセージ

  4. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  9. 【E3 2012】SOWN入賞作『The Unfinished Swan』、PSN専用ソフトとしてE3に上陸

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る