人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5、映画ライセンスゲームを開発中―Brashと提携

映画系のゲームメーカーであるBrash Entertainmentは、『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズで知られるファクター5(Factor 5)と契約を結んだと発表しました。開発タイトルは不明ですが、映画ライセンスに基づいた作品を2010年に発売するということです。今年7月のE3で発表する予定だそうです。

ゲームビジネス その他
映画系のゲームメーカーであるBrash Entertainmentは、『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズで知られるファクター5(Factor 5)と契約を結んだと発表しました。開発タイトルは不明ですが、映画ライセンスに基づいた作品を2010年に発売するということです。今年7月のE3で発表する予定だそうです。

BrashのMitch Davis氏は、「私達はどの会社をパートナーとするか注意深く検討しました。どのような技術を持っていて、どれだけの能力があるのか。ファクター5は大きな実績を持つ間違いのない会社であるだけでなく、ゲーム作りやIPに対する高い情熱を持っていることが、この決定の大きな要因でした。真に素晴らしいゲームは、開発者が楽しんでいる中で生まれます」と述べました。

ファクター5のJulian Eggebrecht氏は、「通常、ライセンスゲームを開発する際には2つの問題点があります。1つは開発期間が短いこと、2つ目はどのようなゲームにするかについて非常に厳しい規制がかけられることです。クリエイティブな自由さの欠如は、その世界が魅力的であればあるほど苛立たしいものになります。しかしBrashとのコラボレーションは全く異なっていて、私達は既に2年以上開発を続けていますし、映画のゲーム化という点に強い理解を持ってもらっています。映画の世界を掘り下げていくのは本当に面白い仕事です」とコメントしています。

Brashは設立から沈黙を守っていましたが、昨日のゲームリパブリックに続いて、本日はファクター5をパートナーに加えたと発表しました。他にも多数のタイトルを開発中ということですから、今後も発表が続くかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  2. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  5. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  6. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  7. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  9. 【昨日の人気記事チェック】「うせろ、死ね」暴言を吐く海賊版『モンスターズインク』にご注意(8月1日)

  10. 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く

アクセスランキングをもっと見る