人生にゲームをプラスするメディア

注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート

ゲームビジネス その他

注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
  • 注目の新サービス『インターネットアドベンチャー』先行体験会レポート
セガは8日、今月6日に発表したばかりの3Dインターネットブラウザ『インターネットアドベンチャー〔iA〕』(以下、iA)の先行体験会を開きました。会場には数十名のブロガーが集まり、スタッフの説明を受けながら、発表されたばかりの新サービスをいち早く楽しみました。

体験会は2回に分けて行われ、各回約30名が参加した


iAは3Dバーチャル空間の中でアバターによるチャットやコミュニケーションが楽しめるサービスで、ウェブサイト単位で「アイランド」と呼ばれるバーチャル空間を作成できる点が特徴です。ウェブとアイランドが1対1で紐付けされているので、ブロガーやeコマースサイトなどのサイトオーナーが個別にアイランドを作成して、サイトを訪れた人と直接コミュニケーションを取ることができます。11日からクロースドβが開始され、正式サービスは初夏を予定。基本プレイ無料のアイテム課金を予定しています。

会場では企画・監修を行った立命館大学・映像学部准教授の渡辺修司氏と、ディレクターのセガ・木岡勝利氏がサービスの概要を説明しました。その後、木岡氏の指示に従って体験会が実施されました。渡辺氏は元タイトーで「ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国」で監督を務めた経歴があり、約5年前から温めていたアイディアだったと言います。

(左)立命館大学 映像学部 准教授 渡辺修司氏(右)セガ ネットワーク統括部 ネットワーク運営部 プロデュースチーム チームマネージャー 木岡勝利氏


iAはセガ公式サイトからダウンロードでき、PCにインストールすると、IEツールバーに収納されます。対象OSはWindows Vista/XP以上で、IE6.0以上のブラウザとなります。ツールバー上のアイコンからiAを起動してログインすると、初めに自分の分身となるアバターを作成できます。アバターは顔や髪型、身長、体格などを自由に設定できるなど、かなり本格的なものです。

複数の部屋を持つハウスも建てられ、内装を飾ることができる


アバター制作が終了すると、アイランド上にアバターが表示されます。この時のアイランドは、IEで表示中のサイトごとに異なります。あるアイランドにいる時に、IEで別のサイトを表示すると、アイランドもそのサイトにあわせて切り替わります。そのため、同一サイトを閲覧しているユーザー同士がお互いの姿を確認でき、一緒にコミュニケーションを取ることができます。アイランドはデスクトップの壁紙として機能し、他のアプリケーションを起動しながら利用することも可能です。

(左)IEツールバーから起動してログインし、デスクトップに設定できる
(中)初めてログインした時はアバターを作ろう。こだわりのアバターが作れる
(右)IEで開いているサイトにシンクロしたアイランドにログインする


ユーザーはアイランド上で衣装やアイテムなどを自由に変更したり、「空き地」に自分のハウスを建てて住むことができます。家の中には「マイページ」が表示され、プロフィールを表示させたり、室内をアイテムで飾ったり、オリジナルアイテムを作成することもできます。チャットだけでなく、コメントを「ミーム」というキャラクターに張り付けて配置したり、他の人が書いたミームを読んでレスをつけることもできます。

(左)アイテムは「手持ちカバン」ウィンドウに納められ、服などを重ね着できる
(右)同じアイランドにいる人どうしでチャットなどが楽しめる


(左)「ミーム」というコメントを残したところ。他人のミームにレスもつけられる
(右)アイランドに出現するモンスターとバトルすればレベルアップできる


一方でサイトのオーナーは、自分のウェブアドレスとシンクロしたアイランドを、自分の好きなように飾ったり、管理、運営できます。ウェブ上の画像をドラッグ&ドロップで張り付けたり、商品などを紹介し、プロモーションツールとして活用することも可能です。MMORPGのように巨大な3Dワールドに数千人がログインして楽しむのではなく、ブログやSNSが3Dでビジュアル化され、アバターで直接コミュニケーションが取れるというイメージでしょうか。

(左)サイトや画像をアイランド内に設置することもできる
(中)自分で作成した3Dモデルやテクスチャーを配置することも可能だ
(右)空き地には家が建てられ、室内をアイテムで装飾できる


渡辺氏は本サービスの特徴として「インターネット上で有名ブロガーに直接出会ったり、読者同士でコミュニケーションが取れる」「時間を奪わない」「世界がどんどん豊かになっていくシステムが搭載されている」という3点を上げました。木岡氏も初めて渡辺氏から企画の説明を受けたときに衝撃を受け、ぜひ一緒にやりたいと感じたとコメントしました。

残念ながら体験会では、まだクロースドβ前のサービスのためサーバが落ちるなどのトラブルが多発し、「サービスの体験会というよりは、トラブルの体験会」(木岡氏)といった様相も見られましたが、終始なごやかな雰囲気で進行。最後に参加者同士でセガの公式アイランドに集まり、記念写真を撮影して体験会は終了しました。デスクトップがそのままバーチャル世界になる、分散的なコミュニティサービスということで、今後どのような進化を遂げていくか楽しみです。

最後にみんなで集まって記念写真



(c)SEGA
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  6. 今年は東京モーター「VR」ショー!? 未来のクルマを体験したり、仕組みを分かりやすく見られたり

  7. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  8. 【CEDEC 2014】毎年3000万円を稼ぐサイバーコネクトツーの広報宣伝部、ファンを増やす好循環の作り方

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る