人生にゲームをプラスするメディア

EAのテイク2買収は不可避?―米ゲーム業界の再編進む

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツ(EA)は昨日、同業のテイク・ツー・インタラクティブに対して約2100億円での買収提案を発表しましたが、それに関して調査会社ScreenDigestのアナリストであるエド・バートン氏は、EAの付けるプレミアムの大きさやスケールメリットを考えるとこの買収は成功するとの見方を示しました。

同氏はプレミアムの大きさ、EAの意思の強さ、テイク2のここ数年の苦しい歴史、スケールメリットの重要性、そして統合された場合のラインナップの強固さを考えれば買収は成功する公算が高いとした上で、これ以上の提案が出来る会社はEAの他に存在しないだろうと述べました。

EAでは本件に対する意見を表明する為の特設サイト「eatake2.com」をオープンして、CEOであるJohn Riccitiello氏がテイク2に宛てた手紙や、電話会見の模様をポッドキャスティングで公開しています。また、テイク2の株価はEAが付けた63%のプレミアムを受けて、昨日の終値が先週末に比べて46.9%上昇したということです。

テイク2は世界で数百万本のセールスを記録してきた『グランドセフトオート』シリーズで知られるゲームパブリッシャーで、米国での市場シェアは4〜6位と考えられます。スポーツやカジュアル分野で成長を目指していますが、不正会計問題で経営陣が投資ファンド出身者に代わるなど数年間の混乱を経てきました。

EAは米国で長らくトップシェアを確保し、世界最大のパブリッシャーと呼ばれてきましたが、昨年はアクティビジョンに逆転を許しました。そのアクティビジョンはフランスの複合企業ビベンディのゲーム部門と統合することを決定するなど再編が続いています。

安定的な売上の期待できるEAの得意とするスポーツや映画などの版権モノに加えて、『GTA』シリーズを始めとするテイク2の強力なオリジナルゲームが加わればそのラインナップは非常に強固なものになることが期待されます。動向が注目されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

    【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  4. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  5. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  6. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  7. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  8. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

  9. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る