人生にゲームをプラスするメディア

オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」

PCゲーム オンラインゲーム

オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
  • オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜第3回:手塚紗掬プロ「テンパイへの向かい方」
現在インサイドで開催中の『インサイド×はこパラオンライン共同企画「鳴き」ボイス』コンテスト。兄弟サイト「RBB TODAY」で連載中の『はこパラオンライン』がよくわかる『オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」』をインサイドでも出張連載いたします。
この連載で『はこパラオンライン』がわかったら、ぜひ『「鳴き」ボイスコンテスト』にも応募してくださいね!



 少し遅くなりましたけど、あけましておめでとうございます。この年末年始、皆さんの麻雀の腕は進歩しましたか? お正月には、テレビで麻雀番組をやっていましたよね。私も、少しでも勉強になるようにしっかり観戦していました。でも、やっぱりまだまだわからないことだらけ。特に「どうしてそっちじゃなくこっちを捨てるの」という、「捨てる牌の選び方」が最大のナゾ。

 そんな私たちがマージャンを覚えるためのこの企画。今回は、「はこパラオンライン」で活躍中の手塚紗掬(てづかさきく)さんに、テンパイに向かうための基本を教えていただきました。

◆第2回・麻雀講座は、テンパイすることがゴール地点

 前回と同じく、会議室での講座スタイルで麻雀の授業がスタート。手塚紗掬先生は黒のシックなワンピースで登場です。華奢な姿はお人形さんみたい。なんかもう、このお姿を見ただけで、麻雀がうまくなりそうな気になります。しかし現実はそう甘くない! 今日もまた牌との闘いがスタートです。

【左】指示棒を手にしたら、熱血先生に変身/【右】シックな私服で再登場の手塚紗掬(てづかさきく)プロ ※ クリックで拡大



 さて、第2回の麻雀講座は、実際のゲームと同じように牌をツモって切って、「聴牌」(テンパイ、あと1枚で上がれる状態)までこぎつけるのが課題です。

第2回麻雀講座はテンパイが目標。とにかく「リーチ」を目指すことに


 「前回の渡辺洋香プロの授業で『手元の牌は14枚』『その14枚で、4メンツ1雀頭を作る』ということは習ったと思います。ですので、今回は実際にプレイしてみましょう!」

---え〜っ!? いきなり実戦? 本当に大丈夫でしょうか?

 「大丈夫ですよ〜。『1枚とってくる』→『どれがいらないか考える』→『いらない1枚を捨てる』を繰り返すだけですから。パズル感覚で挑戦してみてね」

 さっそく牌を実戦そのままに並べます。手際よく牌を4人分くばってくれる手塚プロ。

きちんと牌を並べて、実戦さながらにゲームを進めていく


 「今みんなの手元に来た牌を『配牌』(はいぱい)といいます。この配牌は、ほぼ100%バラバラの状態ですから、これをテンパイまで育てないといけません」

 レクチャーを進めやすいように、全員の配牌を倒して、オープンな状態でゲーム開始となりました。

 「まずこの配牌を見てください。筒子の5・6・7は1メンツできあがってるけど、他はほとんどばらばらですよね。ここに西をツモってきました。さあどれがいらないかな?」

配牌に「西」をツモってきた。何を切る?


◆記念すべき人生初の捨牌1枚目は字牌から

---え〜、どれもいらないように見えますけど。とりあえず、どの牌ともくっついていない、『2萬』『1筒』(丸いやつ)『中』あたりでしょうか?

 「そうですね。本当は『役』なんかもしっかり考えないといけないんだけど、今日はあくまで練習なので、わかりやすいように進めますね。ここでは『中』を切りましょう」

---どうして『中』なんですか?

 「数字の牌に比べて、字牌はくっつきにくいんです。たとえば『2萬』は、『2萬』だけじゃなくて『1萬』や『3萬』を次に持ってきたら、順子(シュンツ、続き数字の牌)になる可能性が広がるわけ。でも『中』なんかの字牌だと、同じ『中』を持ってきて刻子(コウツ、同じ牌の牌)を作るしかないわけ」

---数字牌は前後につながるけど、字牌はその可能性がないんですね。

 「そうそう。『2萬』は『1・2・3萬』『2・2・2萬』『2・3・4萬』になる可能性があるけど、『中』は『中・中・中』にしかならないから。ちなみに数字の並びが続くのを『縦に伸びる』、同じ牌が続くのを『横に伸びる』といいます」

数字牌は縦にも横にも伸びるが、字牌は横にしか伸びない


---じゃあ、『中』を切ることにします!

 「同じように、他の人もツモって切るのを繰り返しますね。さあ、一周して、次は『6索』をツモってきました。何を切る?」

「6索」をツモってきた。何を切る?


---字牌は伸びないから、『東』か『西』? でも『東』も『西』も、もう2枚ずつ持ってますよね……。

 「そう、もう1枚来るだけで、3枚セットになるから、これを切るのはもったいないわ。だから『2萬』か『1筒』のどちらかがいいでしょうね」

---うーん、ぜんぜんわかりません……。

 「ここでは『1筒』のほうを切ります。なぜかというと、完成しそうなパターンの数が違うからです」

 そうなんですか?

 「さっきもいったように、『2萬』は『1・2・3萬』『2・2・2萬』『2・3・4萬』のパターンになる可能性があるよね。それに対して『1筒』は?」

---あ! 『1筒』は『1・2・3筒』か『1・1・1筒』の2つしかない。

 「そうなの! 1筒が伸びるには、1筒か2筒か3筒を次にツモらないといけない。それに対して2萬が伸びるには、1萬か2萬か3萬か4萬を次にツモらないといけない。こういう牌を『有効牌』と言うんだけど、ちょっとでも有効牌を引く確率が高いほうの『2萬』を残して、『1筒』を先に切りましょう」

◆基本は確率を考えながら、上級者は役を考える?


《編集部》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

    グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  2. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

    【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  3. Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

    Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  6. JESPA、「eスポーツ日韓戦」を開催−会場にはロッテマリーンズの黒木知宏選手や武蔵丸親方も登場!

  7. Steam版『ネプテューヌ』が“ありえないレベル”で大好評、日本語版の制作も決定

  8. 【RWC2009】『ラグナロクオンライン』世界一を決めるトーナメント&ガンホーフェスティバル開催

  9. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  10. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る