人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、自社株買いを決定―四半期業績も発表

スクウェア・エニックスは平成20年3月期の4-12月の業績を発表しました。それによれば、売上高1142億9300万円(前年同期比-7.1%)、営業利益179億0900万円(-8.9%)、経常利益173億5400万円(-14.2%)、純利益90億9500万円(同)となりました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックスは平成20年3月期の4-12月の業績を発表しました。それによれば、売上高1142億9300万円(前年同期比-7.1%)、営業利益179億0900万円(-8.9%)、経常利益173億5400万円(-14.2%)、純利益90億9500万円(同)となりました。

ゲーム事業ではDS向け『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』が109万本、『ファイナルファンタジーIV』が53万本、『いただきストリートDS』が42万本、『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト』が38万本、『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』が49万本、『クライシス コア ファイナルファンタジーVII-』が77万本などがありましたが売上高は-14.3%となりました(数字は全て国内、12月末現在)。

オンラインゲーム事業では『ファイナルファンタジー XI アルタナの神兵』が新たにありましたが、売上高は-10.2%となりました。

ゲーム関連は低調でしたが、モバイルコンテンツ事業が売上高で15%伸び、営業利益は50%増でした。出版事業も数字を伸ばし、タイトーなどのAM事業では売上高は下がったものの、黒字転換しています。また、ライセンスなどのその他の事業も売上高が前年同期の倍になるなど成長を見せています。

また、スクウェア・エニックスでは本日の取締役会で自社株買いを実施することを決議したと発表しています。取得上限は500万株、150億円で、期間は1月28日〜7月31日となります。全て取得した場合、自己株式を除く発行済み株式の4.35%に相当することになります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  6. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  7. CRI、サウンド開発ツール「CRI ADX2」の無償版を公開 ― Unity、ゲーム以外の用途にも対応

  8. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  9. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  10. 『マギア☆レコード』開発者向けセミナーを開催ーf4samurai設立者が語るエンジニアの役割とは?

アクセスランキングをもっと見る