人生にゲームをプラスするメディア

世界的な株安を受けてゲーム関連株も軒並み下落―45社中41社(1/22)

ゲームビジネス その他

米国発の世界的な株安が広がっています。22日の東京株式市場は2日連続で大幅に下落し、日経平均は前日比752円89銭安の1万2573円5銭と2年4か月ぶりに1万3000円を割りました。東証1部の実に97%の銘柄が値下がりし、ゲーム関連株でも45社のうち41社が値下がりし、値上がりしたのはわずか2社でした。

任天堂が-3.95%だったのを筆頭に、バンダイナムコホールディングスが-7.31%、テクモが-7.34%、スクウェア・エニックスが-3.67%、コナミが-6.19%、ガンホーが-7.88%、ゲームポッドが-7.36%などとなり、値上がりしたのはユークス(+0.77%)とゲームオン(+7.63%)の2社のみでした。

不況に強いと呼ばれるゲーム産業ですが、暫くは全体的な株安に引きずられそうです。

=ゲーム関連株、国内株式市場への上場会社から独自に選定
■家庭用ゲーム
任天堂、ソニー、セガサミーホールディングス、バンダイナムコホールディングス、スクウェア。エニックス、コーエー、カプコン、コナミ、日本一ソフトウェア、アトラス、ジャレコ・ホールディングス、テクモ、ディースリー、エイティング、ユークス、トーセ、ハドソン、ケイブ、イマジニア、日本ファルコム
■オンラインゲーム
ガンホーオンラインエンターテイメント、ゲームポッド、サイバーステップ、ゲームオン、ウェブマネー
■モバイルコンテンツ
サミーネットワークス、ジー・モード、フェイス、日本エンタープライズ、fonfun、ドワンゴ、アエリア、コーエーネット
■玩具
ユージン、セガトイズ、タカラトミー、サンリオ、ウィズ、ブロッコリー
■流通
ハピネット、ゲオ、NESTAGE、日本トイザらス
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  2. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

    「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  4. シンラ・テクノロジー、北米でクラウドゲーム技術のテクニカルβテストを開始

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. 『マギア☆レコード』開発者向けセミナーを開催ーf4samurai設立者が語るエンジニアの役割とは?

  7. 『Project Awakening』発売日や開発チームは?現時点の情報まとめ

  8. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

アクセスランキングをもっと見る

1