人生にゲームをプラスするメディア

任天堂・岩田社長新春インタビュー/2008年は?

ゲームビジネス その他

朝日新聞にて任天堂の岩田聡社長への新春インタビューが掲載されています(本紙では見開き3面)。

2007年はニンテンドーDSの更なる普及に加えてWiiでも『Wii Fit』など新しい提案が次々に実を結び、株価も大きく上昇した一年でしたが、2008年に任天堂は私たちに何を見せてくれるのか、そういった内容になっています。

岩田社長は2機種が大きく受け入れられた要因について、誰からも嫌われない設計をしたと述べ、具体的には複雑さを取り払った、シンプルで直感的なインターフェイスを挙げています。そして、これまでゲームの敵であったお母さんが率先してゲームを買ってくれるようになれば未来は明るい、としています。

しかし次も見据えているようです。(いかにヒットしても娯楽は)「すぐに飽きられるのが宿命。今は両機種を超える商品を生み出さなければというやりがいと、プレッシャーを感じている」とのこと。

2008年の展開については「DSが通信機能を生かし、情報端末になる。国内で約2千万台も普及しているのだから、ゲームだけではもったいない。例えば電車を降り、DSに情報をダウンロードすれば駅周辺の地図やお店の案内などが見られる、などの使い方を考えている。今後駅や地下街、飲食店など、無線LANの設備があるところを中心にDSをネット接続できる場所を増やしていく」としています。

これからも任天堂の動きに注目が集まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. バンダイナムコが上海に現地法人を設立、中国でのネットワークコンテンツの拡大を目指す

    バンダイナムコが上海に現地法人を設立、中国でのネットワークコンテンツの拡大を目指す

  4. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  5. 「ゲーム機は次の世代で最後になる」-次に来るのは果たして?

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. PSVR「100以上のタイトルが開発中」― ソニーCEO平井一夫語る

  8. Unreal Engineで作る最先端MMORPGとは・・・「Unreal Japan News」第4回

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. メタスコアで見る2010年上半期・・・「セールスは下がったがクオリティは上がった」

アクセスランキングをもっと見る