人生にゲームをプラスするメディア

【週間売上ランキング】 クリスマス近し! で定番タイトルが強し! (12/10-12/16)

メディアクリエイト提供による先週の国内ゲームソフトウェア販売ランキングをお届けします。年末商戦ということでトップに立ったのは『マリオパーティDS』でした。そろそろミリオンセラーにも届こうかという勢いです。年内には間違いないでしょう。続いて2位は『Wii Fit』。クリスマス用でしょうか、売り切れを見かけることも多くなりました。期待の『グランツーリスモ5 プロローグ』は3位でした。

ゲームビジネス その他
メディアクリエイト提供による先週の国内ゲームソフトウェア販売ランキングをお届けします。年末商戦ということでトップに立ったのは『マリオパーティDS』でした。そろそろミリオンセラーにも届こうかという勢いです。年内には間違いないでしょう。続いて2位は『Wii Fit』。クリスマス用でしょうか、売り切れを見かけることも多くなりました。期待の『グランツーリスモ5 プロローグ』は3位でした。

『レイトン教授と悪魔の箱』も勢いがあります。次週にはハーフミリオンも達成しそうです。前作「不思議な町」も30位にランクインしています。『Wii Sports』や『はじめてのWii』といった定番もまだまだ元気で10位以内に顔を出してきました。

全体的にクリスマスシーズンということで数字にも元気があり、任天堂プラットフォームが強い傾向が出ていますね。次週はいよいよクリスマス直前、どんなゲームが今年の年末を制することになるのでしょうか。

集計期間: 12月10日〜12月16日


順位 タイトル 週間 累計
1 マリオパーティDS 180,000 826,000
2 Wii Fit 124,000 535,000
3 グランツーリスモ 5 プロローグ 116,000 116,000
4 レイトン教授と悪魔の箱 74,000 444,000
5 スーパーマリオギャラクシー 74,000 550,000
6 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 73,000 868,000
7 マリオ&ソニック AT 北京オリンピック 64,000 212,000
8 Wii Sports 55,000 2,341,000
9 はじめてのWii 55,000 1,921,000
10 チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 41,000 41,000
11 ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
12 マリオパーティ8
13 パワプロクンポケット10
14 きらりん☆レボリューション つくってみせちゃお!キメ☆きらステージ
15 ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊
16 マリオカートDS
17 太鼓の達人DS タッチでドコドン!
18 ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊
19 みんなのGOLF ポータブル2
20 SDガンダム G GENERATION SPIRITS
21 New スーパーマリオブラザーズ
22 おどるメイドインワリオ
23 テイルズ オブ イノセンス
24 キングダムアンダーファイア : サークルオブドゥーム
25 ワールドサッカーウイニングイレブン 2008
26 戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES)
27 ナイツ〜星降る夜の物語〜
28 たまごっちのプチプチおみせっち みなサンきゅ〜!
29 ネプリーグDS
30 レイトン教授と不思議な町
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  5. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  6. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  7. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  10. モバイル環境でもハイエンドゲームを実現する「Unreal Engine」の今後について、Epic Gamesジェイ・ウィルバー副社長に聞く

アクセスランキングをもっと見る