人生にゲームをプラスするメディア

2007年の米国No.1パブリッシャーの地位はアクティビジョンに!?

米国の大手ゲームパブリッシャーのアクティビジョンは、調査会社NPDグループ調べてのデータで2007年の11月までの11ヶ月間を総合したマーケットシェアが16.8パーセントとなり、米国でナンバーワンのゲームメーカーとなったと発表しました。アクティビジョンはFPSなどの得意分野が引き続き好調だったほか、『ギターヒーローIII』が大ヒットし、昨年の11ヶ月間と比べてもシェアにして7.9パーセント増加したそうです。

ゲームビジネス その他
米国の大手ゲームパブリッシャーのアクティビジョンは、調査会社NPDグループ調べてのデータで2007年の11月までの11ヶ月間を総合したマーケットシェアが16.8パーセントとなり、米国でナンバーワンのゲームメーカーとなったと発表しました。アクティビジョンはFPSなどの得意分野が引き続き好調だったほか、『ギターヒーローIII』が大ヒットし、昨年の11ヶ月間と比べてもシェアにして7.9パーセント増加したそうです。

「『ギターヒーローIII』や『コール・オブ・デューティ4』など私達は内部スタジオ、外部スタジオ開発タイトルを問わず消費者から高い支持を受けています。私達は残りの期間もリーダーシップの地位を確保し、まい進していきます。シェアだけでなく、利益成長の面でも歴史上最高の一年である事は間違いありません」とアクティビジョンのロバート・コティック会長兼CEOは述べています。

アクティビジョンは近年好調で、EAやユービーアイソフトとナンバーワンの地位を争ってきました。定番タイトルを多く抱えるEAの優勢が続きましたが、今年は遂にアクティビジョンがトップを取るかもしれません。

アクティビジョンはフランスの複合企業ビベンディグループのゲーム部門と統合し、「アクティビジョン・ブリザード」となることが発表されています。

対するEAはユービーアイソフトの株式の2割を保有する大株主で、何らかの提携策を探る可能性もあります。ただ、取得時にはユービーアイ側から反発があり、『アサシン・クリード』の大ヒットで株価も上昇しており、買収まで至るのは困難だという見方もあります。いずれにせよ、来年以降の競争はますます激しくなりそうで、その過程でユーザーにとって良いゲームが登場することを期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

    【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  2. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

    海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  3. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

    【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  4. 【GDC 2013】3年の投資の結実『アサシンクリードIII』が実装したプロシージャルアニメーション

  5. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. ドット絵の制作工程を公開!「KOF XII 2D DOT GRAPHICS GALLERY」公開

  8. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  9. アークシステムワークスがアメリカ現地法人として「Arc System Works America, Inc.」を設立

  10. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

アクセスランキングをもっと見る