人生にゲームをプラスするメディア

12月12日は"漢字の日"漢字力にも「地域格差」が!?―『漢検DS2』調べ

本日12月12日が実は「漢字の日」だったという事をご存知でしょうか? IT社会で、ワープロばかり打っていて漢字の書き取りが怪しいという私のような方は他にも沢山おられると推測されますが、それはさておき、『漢検DS』の発売元であるロケットカンパニーは、本日の「漢字の日」を記念して都道府県別の漢字力調査の結果を発表しました。

任天堂 DS
本日12月12日が実は「漢字の日」だったという事をご存知でしょうか? IT社会で、ワープロばかり打っていて漢字の書き取りが怪しいという私のような方は他にも沢山おられると推測されますが、それはさておき、『漢検DS』の発売元であるロケットカンパニーは、本日の「漢字の日」を記念して都道府県別の漢字力調査の結果を発表しました。

この調査はロケットカンパニーが公式サイトに設置している『漢検DS』の無料体験版を通じて、2006年12月12日〜2007年2月28日の期間に漢字力テストを受けた約15万人の結果を都道府県別に集計・分析したものです。

都道府県別の調査では平均点の1位は748.8点で愛媛県、2位は748.7点で石川県、3位は748.6点の三重県と続きました。東京都は746.2点で10位でした。下位は45位、46位、47位は715.7点の徳島県、713.6点の佐賀県、713.0点の鹿児島県でした。全国平均は738.0点でした。

続いて地域別の比較では関東地方、中部地方、近畿地方が744.7点(1位)、742.9点(2位)、738.0点(3位)ととなる一方で、中国地方、九州地方、北海道が、732.6点(6位)、727.1点(7位)、723.8点(8位)となり、漢字力でも都市と地方の地域格差が見られる結果となりました

『漢検DS』は財団法人日本漢字能力検定協会公認ソフトで、昨年9月に発売された第1弾と今年9月の第2弾合せて約83万本の売上を記録、現在も売れ続けるロングセラーとなっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

    「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  2. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

    現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  7. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  8. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る