人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディがアクティビジョン買収へ―「アクティビジョン ブリザード」誕生/世界最大のゲームメーカー

英国の「フィナンシャルタイムズ」などが伝えるところによればフランスの複合メディア企業で傘下にビベンディ・ゲームスを持つビベンディグループは、米国第2位のゲームパブリッシャー、アクティビジョンを買収する事を決定したということです。これにより『ギターヒーロー』『コール・オブ・デューティ』『World of Warcraft』など多数のフランチャイズを抱える世界でも有数のゲームメーカーが誕生する事になります。

ゲームビジネス その他
英国の「フィナンシャルタイムズ」などが伝えるところによればフランスの複合メディア企業で傘下にビベンディ・ゲームスを持つビベンディグループは、米国第2位のゲームパブリッシャー、アクティビジョンを買収する事を決定したということです。これにより『ギターヒーロー』『コール・オブ・デューティ』『World of Warcraft』など多数のフランチャイズを抱える世界でも有数のゲームメーカーが誕生する事になります。



ビベンディは音楽、テレビ、通信など多岐に渡る複合企業体で、アクティビジョンの株式の最大68パーセントを取得してビベンディ・ゲームスと合併される方針です。合併後の社名はビベンディ・ゲームスが持つ著名なゲーム開発会社ブリザードの名前を使用し、「アクティビジョン ブリザード」になります。

アクティビジョンは買収を支持しており、ビベンディはアクティビジョンの既存株主に金曜日の終値22.15ドルに20パーセントのプレミアを付けて27.5ドルを支払います。ビベンディは最大24億ドル(約2600億円)を現金で支払い、68パーセントの株式を取得します。取得株数を抑える事でナスダック市場への上場は維持する意向です。

アクティビジョンは近年非常に好調なゲームメーカーの一つで、ナンバーワンゲームパブリッシャーの地位をEA、ユービーアイと争っている状況です。先日Wii、PS3、Xbox360で発売された『ギターヒーローIII』は非常に好調なセールスで更なる成長が期待されています。勢いあるパブリッシャーの次の一手になりますが、ビベンディもゲーム事業を立て直したい意向で、一致したものと思われます。これが吉と出るか凶と出るか見守りたいところです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

    今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  7. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. ヒューマンアカデミー、クリエイティブ業界に特化した合同説明会を札幌で開催─求職者と企業を直接結ぶ

  10. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

アクセスランキングをもっと見る