人生にゲームをプラスするメディア

日本テレネット、営業を停止―「テイルズ・オブ」など開発

東京経済によれば、ゲームソフト開発の老舗で、バンダイナムコゲームスの「テイルズ・オブ」シリーズを手がけたこともある日本テレネットが10月25日までに業務を停止しており、清算されるということです。

ゲームビジネス その他
東京経済によれば、ゲームソフト開発の老舗で、バンダイナムコゲームスの「テイルズ・オブ」シリーズを手がけたこともある日本テレネットが10月25日までに業務を停止しており、清算されるということです。

近年は開発業務を主体としており携帯向けコンテンツなどを手がけていましたが、米国でのゲームセンター経営の失敗などで債務超過状態が続き、ゲームソフトの営業譲渡や保有株式の売却を進めましたが、自力再建を断念したということです。

日本テレネットは1983年に設立、当初はパソコン向けのソフトを主力とし、後に家庭用ゲーム機に参入しました。ウルフチームを抱え、「テイルズ・オブ」シリーズを手がけたこともあります。2003年にはナムコと共同出資でテイルズスタジオを設立しましたが、現在では株式をバンダイナムコに売却済みです。

負債総額は約10億円。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  5. ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

  8. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  9. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

アクセスランキングをもっと見る