人生にゲームをプラスするメディア

日本テレネット、営業を停止―「テイルズ・オブ」など開発

ゲームビジネス その他

東京経済によれば、ゲームソフト開発の老舗で、バンダイナムコゲームスの「テイルズ・オブ」シリーズを手がけたこともある日本テレネットが10月25日までに業務を停止しており、清算されるということです。

近年は開発業務を主体としており携帯向けコンテンツなどを手がけていましたが、米国でのゲームセンター経営の失敗などで債務超過状態が続き、ゲームソフトの営業譲渡や保有株式の売却を進めましたが、自力再建を断念したということです。

日本テレネットは1983年に設立、当初はパソコン向けのソフトを主力とし、後に家庭用ゲーム機に参入しました。ウルフチームを抱え、「テイルズ・オブ」シリーズを手がけたこともあります。2003年にはナムコと共同出資でテイルズスタジオを設立しましたが、現在では株式をバンダイナムコに売却済みです。

負債総額は約10億円。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. エジソンの発明にさかのぼるアーケード産業〜日本デジタルゲーム学会基調講演

    エジソンの発明にさかのぼるアーケード産業〜日本デジタルゲーム学会基調講演

  3. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  4. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. かわいいペーパークラフトの世界−ファミコン、E缶、マリオ、オバマ大統領などを無料公開

  7. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  8. 【GDC 2013】ディズニー&ピクサーのヒットタイトルに見られるストーリーの黄金律とは? 現役クリエイターがあかす方程式

  9. 「モンスターハンター×パセラ」コラボイベント「狩人達の宴G」新メニューを紹介

  10. 【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

アクセスランキングをもっと見る