人生にゲームをプラスするメディア

子供のゲームプレイ時間増える―米調査

米国の調査機関NDPグループの最新調査によれば、米国の子供達(2〜17歳)がゲームに費やす時間は一年前よりも増加しているそうです。

ゲームビジネス その他
米国の調査機関NDPグループの最新調査によれば、米国の子供達(2〜17歳)がゲームに費やす時間は一年前よりも増加しているそうです。

子供ゲーマーのゲームプレイ時間は半数が週5時間以下、半数が6〜16時間、もしくはそれ以上だということです。遊んでいるゲーム機の種類では、子供達は主にPCを使ってゲームをしていて、家庭用ゲーム機よりもPCで長時間遊ぶ傾向が強いようです。

調査によればそのライフサイクルとして、子供達は最初は映画から入り、次にPCでのゲームを遊ぶようになり、10歳くらいから携帯電話でのゲームとなり、続いてニンテンドーDSやPSPといった携帯ゲーム機、最後にWii、PS3、Xbox360といった家庭用ゲーム機に繋がっていくというものがあるようです。

男女では男の子がゲーム機、特に家庭用ゲーム機でゲームをプレイする傾向にあるのに対して、女の子はPC、携帯電話、キッズ向けの専用機などで遊ぶ傾向が強いということです。ただし、女性も時間が経過するとゲーム機でプレイするように変わっていくとのこと。

「子供達は6〜8歳頃になるとゲーマーになっていきます。単にプレイ時間が劇的に増えるだけでなく、それまではキッズ向けのゲーム機を利用していたのが、一般のゲーム機へと変わっていきます。これは将来のゲーマーを獲得する為にクリティカルな年齢ということになります」とNPDグループのアナリストであるAnita Frazier氏は述べています。

この調査はNPDが保有するオンラインパネルから3474の回答を得て作成したものだということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレビュー】第二次世界大戦を題材にしたミリタリーシューター『スナイパーエリートV2』

    【プレイレビュー】第二次世界大戦を題材にしたミリタリーシューター『スナイパーエリートV2』

  2. 「あっ!とおどろく放送局」で橋本長官や江南店長が出演する特別番組が

    「あっ!とおどろく放送局」で橋本長官や江南店長が出演する特別番組が

  3. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  4. CAAnimationとDMM GAMESがアニメとゲームを連動させたメディアミックスプロジェクトを始動─これまでにないハイクオリティなコンテンツを目指す

  5. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  6. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  7. 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  10. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

アクセスランキングをもっと見る