人生にゲームをプラスするメディア

オンラインにも対応した「ホームランコンテスト」―『スマブラX』

サンドバッグくんを思いっきり叩いて、飛ばして、飛距離を競うスマブラではお馴染みの「ホームランコンテスト」ですが、最新作である『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも収録されています。本編のバトルもそうですが、今回の最大の特徴はオンラインで競い合う事ができるという点になりそうです。

任天堂 Wii
サンドバッグくんを思いっきり叩いて、飛ばして、飛距離を競うスマブラではお馴染みの「ホームランコンテスト」ですが、最新作である『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも収録されています。本編のバトルもそうですが、今回の最大の特徴はオンラインで競い合う事ができるという点になりそうです。

制限時間は10秒、台座の上に座る(?)サンドバッグくんをボコボコと叩いてダメージを蓄積していきます。制限時間が来る前に、落ちているホームランバットを掴んで、スマッシュ攻撃横! そして飛んだ距離を競います。ここまでは前作と同様、今回は3つの特徴があります。

まずは競技場がシールドで守られていること。勢いをつけないとシールドは敗れないので、心置きなくサンドバッグくんをサンドバッグにすることができます。

2つ目は2人でプレイできること。2人プレイでは、2人が組んで息を合わせて記録にチャレンジするものと、2人で交互にプレイして競うものがあります。

最後はオンラインに対応していること。2人同時プレイ、2人交互プレイの両方をサポートしていますので、対戦だけでなく「ホームランコンテスト」もかなり熱くプレイできるモードになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  2. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  5. スイッチ版も配信開始された宇宙人狼『Among Us』最初に覚えたい10のコツ!

  6. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  7. 『あつまれ どうぶつの森』定番からオンリーワンまで大集合!皆が付けた「島の名前」約60個を紹介【読者アンケート】

  8. 『ポケモン ソード・シールド』「冠の雪原」伝説ポケモン捕獲のポイント! 3鳥・レジ系の謎に迷ったらこの記事を見よう

  9. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  10. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

アクセスランキングをもっと見る