人生にゲームをプラスするメディア

『セカンドライフ』に個人認証システムを導入

PCゲーム オンラインゲーム

リンデンラボは、オンラインゲーム「セカンドライフ(Second Life)」において、個人認証システムを導入したと発表しました。

個人認証システムは、主にプレイヤーの年齢を確認するもので、この導入により、「制限あり」と設定されているコンテンツには未成年者はアクセス不可能となります。リンデンラボのコミュニティ開発担当副社長であるロビン・ハーパーは「セカンドライフの住人は、年齢や名前のような現実社会の個人情報を認証するシステムが提供されたことにより、安全で、信頼できる仮想世界と仮想コミュニティを創り出すことができるようになるのです」とコメントしています。

個人認証システムは2007年8月30日(木)よりテストがスタート。未成年者に対するアクセス制限が行われることで、「セカンドライフ」のコンテンツは更なる可能性を見せてくれそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

    オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

  2. PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

    PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

  3. Steam版『世界一長い5分間』が配信開始!10%オフキャンペーンも実施中

    Steam版『世界一長い5分間』が配信開始!10%オフキャンペーンも実施中

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. 『PUBG』PC版に新チート対策が正式導入!中国プレイヤーに減少傾向も【UPDATE】

  6. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  7. 『Fortnite Battle Royale』同時接続数『PUBG』超え340万人達成!

  8. PC『エルダー・スクロールズ・オンライン』アップデートパッケージ『モロウウィンド』インプレッション―新クラスで懐かしの地を冒険!

  9. DMMの刀美少女化TD『しんけん』の「妖刀化」詳細が判明! 改修点の一部や新たな真剣少女3人も

アクセスランキングをもっと見る