人生にゲームをプラスするメディア

テクモ中間決算発表―『パンヤ』や『DOA4』好調で増収増益

テクモは平成19年12月期中間決算を発表しました。それによれば売上高64億6100万円(前年同期46億7700万円)、営業利益13億1600万円(同6億7600万円)、経常利益14億8500万円(同6億7100万円)、純利益7億8700万円(同4億6100万円)と、いずれの数字も前年同期を上回る増収増益となりました。

ゲームビジネス その他
テクモは平成19年12月期中間決算を発表しました。それによれば売上高64億6100万円(前年同期46億7700万円)、営業利益13億1600万円(同6億7600万円)、経常利益14億8500万円(同6億7100万円)、純利益7億8700万円(同4億6100万円)と、いずれの数字も前年同期を上回る増収増益となりました。

要因としてはゲーム事業では北米向けのWii『Super Swing Golf』(スイングゴルフ パンヤ)やXBox360『DEAD OR ALIVE 4 PLATINUM HITS』のリピート販売が好調であったことが挙げられています。地域別の販売本数は日本が15万8000本、米国が29万1000本、欧州その他が26万9000本となっています。

オンラインゲーム事業では昨年開始したオンラインプラットフォーム事業「Lievo」が、新規タイトルなどにより好調だったということです。モバイルコンテンツは売上高は伸び悩んだものの、利益は好調に推移しているとのこと。

業績予想も売上高140億円、営業利益21億円、経常利益22億円、純利益11億円と上方修正しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. 「日本のメディア芸術100選」が発表される

  5. 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に・・・中国が今年にも米国を逆転

  6. 「レトロスタジオ回顧録」概要

  7. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る