人生にゲームをプラスするメディア

テクモ中間決算発表―『パンヤ』や『DOA4』好調で増収増益

ゲームビジネス その他

テクモは平成19年12月期中間決算を発表しました。それによれば売上高64億6100万円(前年同期46億7700万円)、営業利益13億1600万円(同6億7600万円)、経常利益14億8500万円(同6億7100万円)、純利益7億8700万円(同4億6100万円)と、いずれの数字も前年同期を上回る増収増益となりました。

要因としてはゲーム事業では北米向けのWii『Super Swing Golf』(スイングゴルフ パンヤ)やXBox360『DEAD OR ALIVE 4 PLATINUM HITS』のリピート販売が好調であったことが挙げられています。地域別の販売本数は日本が15万8000本、米国が29万1000本、欧州その他が26万9000本となっています。

オンラインゲーム事業では昨年開始したオンラインプラットフォーム事業「Lievo」が、新規タイトルなどにより好調だったということです。モバイルコンテンツは売上高は伸び悩んだものの、利益は好調に推移しているとのこと。

業績予想も売上高140億円、営業利益21億円、経常利益22億円、純利益11億円と上方修正しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

  7. 海を超えた本当の意味での共同開発が結実した『ドラゴンボールオンライン』(1)

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1