人生にゲームをプラスするメディア

テクモ中間決算発表―『パンヤ』や『DOA4』好調で増収増益

テクモは平成19年12月期中間決算を発表しました。それによれば売上高64億6100万円(前年同期46億7700万円)、営業利益13億1600万円(同6億7600万円)、経常利益14億8500万円(同6億7100万円)、純利益7億8700万円(同4億6100万円)と、いずれの数字も前年同期を上回る増収増益となりました。

ゲームビジネス その他
テクモは平成19年12月期中間決算を発表しました。それによれば売上高64億6100万円(前年同期46億7700万円)、営業利益13億1600万円(同6億7600万円)、経常利益14億8500万円(同6億7100万円)、純利益7億8700万円(同4億6100万円)と、いずれの数字も前年同期を上回る増収増益となりました。

要因としてはゲーム事業では北米向けのWii『Super Swing Golf』(スイングゴルフ パンヤ)やXBox360『DEAD OR ALIVE 4 PLATINUM HITS』のリピート販売が好調であったことが挙げられています。地域別の販売本数は日本が15万8000本、米国が29万1000本、欧州その他が26万9000本となっています。

オンラインゲーム事業では昨年開始したオンラインプラットフォーム事業「Lievo」が、新規タイトルなどにより好調だったということです。モバイルコンテンツは売上高は伸び悩んだものの、利益は好調に推移しているとのこと。

業績予想も売上高140億円、営業利益21億円、経常利益22億円、純利益11億円と上方修正しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

    【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  5. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  6. 【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

  7. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  8. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  9. PSPの開発キットの販売が終了へ ― PSP2への布石?

  10. Wwise利用で日々の運営も効率化。KLabで使われているサウンドファイルの自動アップデート環境

アクセスランキングをもっと見る