人生にゲームをプラスするメディア

「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著

ゲームビジネス その他

「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
インサイドでも書いて頂いている小野憲史さんが執筆に関わった書籍「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」が本日刊行になりました。「ゲームニクス理論」とは誰でもゲームを楽しめるようにゲーム業界が20年以上にも渡って蓄積してきたインターフェイスのノウハウを一般的に活用できるように形体化したものです。

本書ではゲームニクス理論の説明として、直感的なUI、マニュアル不要の操作理解、はまる演出と段階的学習効果という3つから紹介した上で、ゲーム以外の商品開発への応用について話を進めています。ここではWiiのようなゲーム機と対比させる形で、ユーザーに複雑な操作を強いるWindowsやHDD+DVDレコーダーなどの問題点を指摘しています。

最後に教育にゲームニクスを応用する可能性について述べられています。著者は、次の目標への直観的な理解、リズムやテンポの調整、スキルアップを演出する、押し付けではなく自分で発見したような喜び、リスクとリターンの配分、といった要素が教育にも応用できるのではないかと述べています。

ゲームは生活必需品ではありません。多少の不便には目をつむってもらえる実用品とは異なり、ユーザーに嫌われてしまったり、楽しいと感じさせなければ使ってもらえない、シビアな目をずっと体験してきた商品です。あらゆる分野で競争が激化する時代に、このゲームニクス理論は商品をデザインする上で必須の理解となるのではないでしょうか。

同時に姉妹書として「ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則」も刊行になっています。タイトルは刺激的ですが、ありがちな「DSブームの裏側を読み解く」といった陳腐な内容ではありませんので、オススメの2冊です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. ゲームの新たなエンターテイメントを 史上初「賞金付きゲーム競技リーグ」を送り出すワンダーリーグを直撃

    ゲームの新たなエンターテイメントを 史上初「賞金付きゲーム競技リーグ」を送り出すワンダーリーグを直撃

  3. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

    Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  4. ナムコが『マリオカート アーケードグランプリ』を業務用で発売(2)

  5. 『コロリンパ』が携帯でも遊べるように

  6. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』『TES V: Skyrim』『レゴ マーベルスーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』他

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 【OGC2012】データ駆動型ゲームデザインと『ドラゴンアーク』の挑戦

アクセスランキングをもっと見る