人生にゲームをプラスするメディア

「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著

インサイドでも書いて頂いている小野憲史さんが執筆に関わった書籍「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」が本日刊行になりました。「ゲームニクス理論」とは誰でもゲームを楽しめるようにゲーム業界が20年以上にも渡って蓄積してきたインターフェイスのノウハウを一般的に活用できるように形体化したものです。

ゲームビジネス その他
「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
インサイドでも書いて頂いている小野憲史さんが執筆に関わった書籍「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」が本日刊行になりました。「ゲームニクス理論」とは誰でもゲームを楽しめるようにゲーム業界が20年以上にも渡って蓄積してきたインターフェイスのノウハウを一般的に活用できるように形体化したものです。

本書ではゲームニクス理論の説明として、直感的なUI、マニュアル不要の操作理解、はまる演出と段階的学習効果という3つから紹介した上で、ゲーム以外の商品開発への応用について話を進めています。ここではWiiのようなゲーム機と対比させる形で、ユーザーに複雑な操作を強いるWindowsやHDD+DVDレコーダーなどの問題点を指摘しています。

最後に教育にゲームニクスを応用する可能性について述べられています。著者は、次の目標への直観的な理解、リズムやテンポの調整、スキルアップを演出する、押し付けではなく自分で発見したような喜び、リスクとリターンの配分、といった要素が教育にも応用できるのではないかと述べています。

ゲームは生活必需品ではありません。多少の不便には目をつむってもらえる実用品とは異なり、ユーザーに嫌われてしまったり、楽しいと感じさせなければ使ってもらえない、シビアな目をずっと体験してきた商品です。あらゆる分野で競争が激化する時代に、このゲームニクス理論は商品をデザインする上で必須の理解となるのではないでしょうか。

同時に姉妹書として「ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則」も刊行になっています。タイトルは刺激的ですが、ありがちな「DSブームの裏側を読み解く」といった陳腐な内容ではありませんので、オススメの2冊です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

    【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  2. 「The Game Awards 2014」の各部門ノミネート作品が発表 ― GOTYには『ベヨネッタ2』や『ダークソウルII』の名も

    「The Game Awards 2014」の各部門ノミネート作品が発表 ― GOTYには『ベヨネッタ2』や『ダークソウルII』の名も

  3. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

    【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

  4. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  5. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  6. 室蘭市長選に任天堂勤務の川畑氏が出馬へ

  7. 【TGS2016】目線でロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』で敵をなぎ払ってみた

  8. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 「モバゲータウン」のDeNAが東証一部に鞍替え

アクセスランキングをもっと見る