人生にゲームをプラスするメディア

「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著

インサイドでも書いて頂いている小野憲史さんが執筆に関わった書籍「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」が本日刊行になりました。「ゲームニクス理論」とは誰でもゲームを楽しめるようにゲーム業界が20年以上にも渡って蓄積してきたインターフェイスのノウハウを一般的に活用できるように形体化したものです。

ゲームビジネス その他
「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
  • 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著
インサイドでも書いて頂いている小野憲史さんが執筆に関わった書籍「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」が本日刊行になりました。「ゲームニクス理論」とは誰でもゲームを楽しめるようにゲーム業界が20年以上にも渡って蓄積してきたインターフェイスのノウハウを一般的に活用できるように形体化したものです。

本書ではゲームニクス理論の説明として、直感的なUI、マニュアル不要の操作理解、はまる演出と段階的学習効果という3つから紹介した上で、ゲーム以外の商品開発への応用について話を進めています。ここではWiiのようなゲーム機と対比させる形で、ユーザーに複雑な操作を強いるWindowsやHDD+DVDレコーダーなどの問題点を指摘しています。

最後に教育にゲームニクスを応用する可能性について述べられています。著者は、次の目標への直観的な理解、リズムやテンポの調整、スキルアップを演出する、押し付けではなく自分で発見したような喜び、リスクとリターンの配分、といった要素が教育にも応用できるのではないかと述べています。

ゲームは生活必需品ではありません。多少の不便には目をつむってもらえる実用品とは異なり、ユーザーに嫌われてしまったり、楽しいと感じさせなければ使ってもらえない、シビアな目をずっと体験してきた商品です。あらゆる分野で競争が激化する時代に、このゲームニクス理論は商品をデザインする上で必須の理解となるのではないでしょうか。

同時に姉妹書として「ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則」も刊行になっています。タイトルは刺激的ですが、ありがちな「DSブームの裏側を読み解く」といった陳腐な内容ではありませんので、オススメの2冊です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 今週発売の新作ゲーム『F1 2018』『アトリエ アーランドの錬金術士1・2・3 DX』『STEINS;GATE ELITE』他

    今週発売の新作ゲーム『F1 2018』『アトリエ アーランドの錬金術士1・2・3 DX』『STEINS;GATE ELITE』他

  3. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

  7. VR『ぶちカラ』TGS2018で爆誕─歌いながら、ポーズをキメて板をぶち抜け!

  8. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

アクセスランキングをもっと見る