人生にゲームをプラスするメディア

スクエニが業績上方修正―『レヴァナントウイング』など好調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは平成20年3月期第1四半期の業績発表に併せて、5月に公表していた中間業績予想を上方修正すると発表しました。それによれば連結の中間期は、売上高720億円(修正前: 同)、営業利益80億円(38億円)、経常利益85億円(32億円)、純利益45億円(17億円)と大幅に修正されました。

上方修正の理由についてスクウェア・エニックスは、国内で発売したDS向け『ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング』(52万本)や『いただきストリートDS』(28万本)、PSP向け『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』(31万本)などが販売を伸ばし、ゲーム事業全体の利益率を改善したということです。また、AM事業についても売上高は未達ながらも、利益率が改善し、第1四半期では営業利益を上げることができたそうです。

第1四半期の業績は売上高337億4900万円、営業利益43億3500万円、経常利益53億0800万円、純利益27億3900万円でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  5. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  6. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る