人生にゲームをプラスするメディア

スクエニが業績上方修正―『レヴァナントウイング』など好調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは平成20年3月期第1四半期の業績発表に併せて、5月に公表していた中間業績予想を上方修正すると発表しました。それによれば連結の中間期は、売上高720億円(修正前: 同)、営業利益80億円(38億円)、経常利益85億円(32億円)、純利益45億円(17億円)と大幅に修正されました。

上方修正の理由についてスクウェア・エニックスは、国内で発売したDS向け『ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング』(52万本)や『いただきストリートDS』(28万本)、PSP向け『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』(31万本)などが販売を伸ばし、ゲーム事業全体の利益率を改善したということです。また、AM事業についても売上高は未達ながらも、利益率が改善し、第1四半期では営業利益を上げることができたそうです。

第1四半期の業績は売上高337億4900万円、営業利益43億3500万円、経常利益53億0800万円、純利益27億3900万円でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

    【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  4. 「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着

  5. バンナムの巨大ロボVR『アーガイルシフト』豪華スタッフ陣が公開!原田勝弘、Production I.G、柳瀬敬之など

  6. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  7. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  8. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  9. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る