人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 海外勢もカジュアルゲームを強化など(7月23日)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊。ゲームメーカー各社がカジュアルゲームへ力を入れているようです。ただ、任天堂以外は売れてないのも事実ですね。そのほか、こんなニュースが今朝は見つかりました。

日経産業新聞2面「海外勢、任天堂を追走」
海外でもカジュアルゲームに各社が力を入れ始めています。EAは「EAカジュアルエンターテインメント」部門を設立、マイクロソフトも路線変更を図っています。ただし、SCEはカジュアル向け路線には乗らずに、当面はゲーム愛好家向けのソフトを出し、ファン層を着実に固める戦略で行くとのこと(フィル・ハリスン氏)。

日経産業新聞2面「携帯ゲームサイト 6月閲覧数1億件に」
シーエー・モバイルがスクウェア・エニックスと共同運営するゲームサイト「みんなdeクエスト」の6月の月間閲覧数が1億件を突破したそうです。開始から4か月で、同種のサイトと比べても早いペースだということです。みんなdeクエストは携帯メールで楽しむRPGで、一日2回送られてくるメールで参加するそうです。

日経産業新聞2面「真・三国無双BB 中国でも展開」
コーエーはパソコン向けオンラインソフト『真・三国無双BB』を中国で運営することを決定しました。現地のメーカーとライセンス契約を結び、政府当局からの許可が下り次第開始するということです。海外展開は韓国に続いて2カ国目となります。

日経産業新聞9面「ノートPCにゲームキャラ NEC」
NECはガンホーの人気オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』のキャラクターを刻印したノートパソコンの受注を開始しました。ゲームがすぐにプレイできるほか、先着100名には限定グッズが付属します。価格は14万4900円からとなります。0
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 【DIEC2005】 上村雅之氏が任天堂の源流を語った[6]

  5. VRゲームで初の死亡事故か―ロシアの通信社が男性の事故死を報道

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  8. 「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

  9. 【GDC08】ラフ・コスター氏による「理想のMMO論」

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る