人生にゲームをプラスするメディア

今どきゲーム事情■HOUKOU:RTS狂想曲?“あの超大作”がいよいよ正式に発表!〜全世界のRTSファンが待ちに待った作品がついに…〜

ついに発表となった、超大作RTSの続編は…

PCゲーム オンラインゲーム
ついに発表となった、超大作RTSの続編は…
※クリックで拡大画面を表示
c2007 Blizzard Entertainment. All rights reserved.


■ 超大作RTSの続編が、世紀をまたいでいよいよ登場!

「ついに」と言おうか、「待ちに待った」と言おうか。世界中のRTSファンが長年待っていた『Star Craft』シリーズの最新作、『Star Craft II』がついに発表となった。

前作の発売がまだ20世紀だったことを考えると、どれだけ時間が過ぎたんだ?と言いたくもなるものだ。特に説明はいらないと思うが、『Star Craft』とはスピード感溢れるSF型のRTSで、3つの種族間を巡る戦いがテーマとなっている。発売からかなりの年月が経った今でも根強い人気を誇る。国内では言語版ごとの互換性問題でイマイチ軌道に乗らなかったが、お隣の韓国ではいまだにプロゲーマーの競技として一線級であり、TV放映も定期的に行われてる大人気作品だ(とくに韓国での人気は「国技」と言っても過言ではないかもしれない)。今の日本国内の様子と比較するとなんとも羨ましい状況ができていたりする。

さて、肝心の『Star Craft II』の中身のほうだが、現状ではシステムなどは前作とそう大きな違いはないようだ。開発者側のコメントでも、大きな変化を無理に入れる必要はないとしているので、実際、大きな違いは無いのではないかと思う。とは言え、ブリザードらしい、ビックリするようなシステムを組み込んでくる可能性も否定できない(たとえば『War CraftIII』には革新的なシステムとして、人口数によって資源採取量に制限が加わるというシステムがあった)。

また、グラフィックが2Dから3Dへと変更になっているが、ぱっと見たイメージ的には『War Craft3』に近いイメージを受ける(とは言え、画質は段違いだ)。アニメーションも非常に滑らかだ。言葉だけでは通じないと思うので、具体的には公式サイト等にて公開されている開発者のプレイムービーを実際に見て確認をしてほしい。実際に見ていただければわかるかもしれないが、少しスピード感が感じられない。デフォルトのゲームスピードはゲームの面白さに直結する項目の1つなので、しっかり調整してもらいたいし、韓国のプロゲーマー等からはゲームスピードが遅すぎると言う発言もすでに出ている。ただしブリザードはデモ用にわざとゲーム速度を落としていると回答しているので、心配はなさそうである。他には、『Battle.net』の機能追加についても明らかになっている。『War Craft3』の『Battle.net』では非常に優秀なマッチングシステムが搭載されており、かなりの確率で自分の適性LVの対戦相手と当たるようになっていた。きまぐれに1on1を楽しむには最適な環境だと言える。どういった機能が追加されるかはわからないが、きっと、有意義な機能なのだろうと思う。

《HOUKOU》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  3. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  6. 『RPGツクール MV』では近未来・SF・現代・軍事・ホラーの素材を収録!点数は200%以上増量

  7. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

  8. 『ハースストーン』日本語吹き替えの全声優が明らかに ― 田中敦子、大塚明夫ほか

  9. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  10. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

アクセスランキングをもっと見る