人生にゲームをプラスするメディア

Xbox Liveアーケード限定発売!『パックマン ワールドチャンピオンシップ エディション』

マイクロソフト Xbox360

マイクロソフトはXbox360用ゲームとして「パックマン ワールドチャンピオンシップ エディション」を発売すると発表しました。

店頭ではなく、「Xbox LIVE アーケード」のみでの発売で、オリジナル版「パックマン」の作者である岩谷徹氏の監修です。

制限時間内のスコアを競う「チャンピオンシップモード」や、パックマンの周囲のみが見える「チャレンジモード 2」、高速プレイが楽しめる「エクストラモード 1」、ニューヨークの町並みをモチーフとしたマップが出てくる「エクストラモード 2」などバラエティに富んだ内容となっています。もちろん世界中のプレイヤーと記録を競い合うことも可能となっており、新旧ゲーマーから注目を集めるタイトルとなりそうです。

なお、価格は800マイクロソフトポイントで、2007年6月6日(水)18時より配信がスタートするとのこと。

同時に、「パックマン」の世界大会である「Xbox 360 パックマン ワールド チャンピオンシップ 決勝大会」の結果も発表されました。優勝したのはメキシコのCarlos Romero氏。日本からは北谷広明氏が予選1位の成績で決勝へとコマを進め、第7位にランクインしました。「パックマン ワールドチャンピオンシップ エディション」は決勝大会で使われており、世界王者たちと同じゲームをプレイするのも面白いのではないでしょうか。

●「Xbox 360 パックマン ワールド チャンピオンシップ 決勝大会」結果
第1位 Carlos Romero(27歳/メキシコ)
第2位 Robert Glashuettner(28歳/オーストリア)
第3位 Dwayne Richard(38歳/カナダ)
第4位 Jason Gahler(25歳/アメリカ)
第5位 Timothy Balderramos(39歳/アメリカ)
第6位 James Rodgers(13歳/イギリス)
第7位 北谷 広明(キタヤツ ヒロアキ) (34 歳/日本)
第8位 Billy Mitchell(41歳/アメリカ)※特別推薦出場
第9位 Reuben Anderson(15歳/ニュージーランド)
第10位 Huang Wei Hua(21歳/台湾)
《水口真》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

    【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  2. 【レビュー】『サンセットオーバードライブ』アクションとジョークがキレッキレで、筆者の思考がおかしくなる

    【レビュー】『サンセットオーバードライブ』アクションとジョークがキレッキレで、筆者の思考がおかしくなる

  3. 【UBIDAY 14】「アキバステルス」フォトレポート、秋葉原電気街で現代アサシンたちの宝探し

    【UBIDAY 14】「アキバステルス」フォトレポート、秋葉原電気街で現代アサシンたちの宝探し

アクセスランキングをもっと見る