人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が米政府と共同で、違法製品について中国と協議へ

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは、米国通商代表部の強力なサポートの下、WTOに加盟した中国との間で、確実な商標保護や法律執行が行われるよう協議を行っていくと発表しました。任天堂は米国政府の協力を得て、過去4年間の間にのべ300を超えるの中国の工場で、770万個もの不法ビデオゲームの摘発を行ってきました。

しかし任天堂の積極的な活動にも関わらず、中国は世界最大の任天堂ゲームの違法コピーの拠点となっています。また、何百万個の違法製品が小売店や工場で摘発されたにも関わらず刑事訴追を受けた例はこれまで1件しかありません。多くの工場は軽い罰金を支払うだけで、一旦違法製品が撤去された後にも再び生産を開始しているということです。罰を逃れる為に多くの工場は資本金や売上を改ざんしているそうです。

任天堂は毎年、スーパー301条のプロセスに関与していて、米国通商代表部に対して中国、香港、ブラジル、メキシコ、パラグアイといった国での権利侵害について報告を行っているそうです。

「任天堂は米国政府と共に積極的に中国での違法製品の摘発に努めます。私たちは政府が著作権というわれわれの生命を守るために中国の後押しをすることをとても歓迎しています」と任天堂オブアメリカの反権利侵害担当のJodi Daugherty上級ディレクターはコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 【CEDEC 2014】『新生FF XIV』の環境音はこうして作られた! 社内開発環境と共にテクニックが惜しみなく披露

    【CEDEC 2014】『新生FF XIV』の環境音はこうして作られた! 社内開発環境と共にテクニックが惜しみなく披露

  3. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

    【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. スマホゲームのPS Vita移植で炎上しないためには? ソニーの開発者がUnite 2015で講演

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

アクセスランキングをもっと見る