人生にゲームをプラスするメディア

第10回文化庁メディア芸術祭の優秀賞に『リズム天国』など

ゲームビジネス その他

文化庁は、新しい表現技法を開拓して制作した創造性あふれるメディア芸術作品および作者を顕彰すると同時に、創作活動を広く紹介していく「文化庁メディア芸術祭」の今年の受賞作品の発表を行いました。毎年開催されている賞ですが、今年は10回目の節目となりました。

ゲームを含むエンターテインメント部門ではカプコンのPS2向け『大神』が大賞を受賞、優秀賞に任天堂のゲームボーイアドバンス向け『リズム天国』(開発チーム代表:大澤和義氏)と同じくニンテンドーDS向け『しゃべる!DSお料理ナビ』(開発チーム代表:土山芳紀氏)が選ばれています。「CORNELIUS“Fit Song”」・「日本再発見マップ」・「雨刀」も優秀賞です。

その他の部門では、アート部門で「イマジナリー・ナンバーズ2006」が大賞、アニメーション部門で「時をかける少女」が大賞、マンガ部門で「太陽の黙示録」が大賞を受賞しました。

最終審査会まで進んだ推薦作品には『Newスーパーマリオブラザーズ』・『おいでよ どうぶつの森』・『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』・『漢字そのままDS楽引辞典』・『ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-』・『LocoRoco』・『KARAKURI』・『Elebits』などが含まれています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  3. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  4. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  5. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 自社開発力を強化、UDKにPerforceが同梱・・・「Unreal Japan News」第52回

  8. 『悪魔城』シリーズで最も成功を収めた作品は『Castlevania: Lords of Shadow』 ― コナミDave Cox氏

  9. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 北欧からやってきたゲーム開発ツール・・・ハンソフトとユニティーが都内でプレゼン

アクセスランキングをもっと見る

1