人生にゲームをプラスするメディア

Wii、初日の出荷台数は40万台弱

Nikkei IT PLUSの「2年前とよく似ている新型ゲーム競争・シナリオは繰り返されるか」という記事によれば、Wiiの国内での初日の出荷台数は40万台弱になるそうです。年内には100万台の出荷を予定していて、全世界で年末までに400万台、年度末(3月)までに600万台が出荷される計画になっています。

任天堂 Wii
Nikkei IT PLUSの「2年前とよく似ている新型ゲーム競争・シナリオは繰り返されるか」という記事によれば、Wiiの国内での初日の出荷台数は40万台弱になるそうです。年内には100万台の出荷を予定していて、全世界で年末までに400万台、年度末(3月)までに600万台が出荷される計画になっています。

ちなみに2年前の12月2日に発売されたニンテンドーDSの初回の出荷台数は50万台でした。

Wiiはそれからちょうど2年後に発売されることになったわけですが、「揃えたのではなく、生産数と年末商戦のピークを論理的に考えた結果こうなった」(任天堂広報室)とのこと。しかしまぁ、ゲン担ぎの意味がないわけじゃないとは思います。展示会も全く同じ日11月3日の同じ会場から始まってますからね。

それなりの数が出荷されるわけですが、各地では予約を巡って争奪戦が繰り広げられている模様。しかし本当に売れるのか疑問を呈す向きもあり、「確かに楽しくて素晴らしいハードであることは間違いない。でもこれが本当に売れるのだろうか?」というのが私を含めて多くの人の偽らざる心境ではないでしょうか。年末商戦を終えての結果が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

    『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  2. 「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

    「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

  3. PS4/スイッチ『ぷよぷよeスポーツ』10月25日配信決定―お手頃価格で対戦が楽しめる!

    PS4/スイッチ『ぷよぷよeスポーツ』10月25日配信決定―お手頃価格で対戦が楽しめる!

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』ガンガゼ野外音楽堂はどう変化した!?工事の前後を比較しつつチェック

  6. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』9月新ブキの性能をチェック!べッチューコレクション第1弾はクセモノ揃い!?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 全国のローソンで「プロジェクトイーブイ」とのコラボキャンペーンがスタート!特別デザインのプリペイドカードなども発売

アクセスランキングをもっと見る