人生にゲームをプラスするメディア

AC『マリオカート アーケードグランプリ2』は来年3月出荷開始

ゲームビジネス その他

業界紙ゲームマシンによれば、バンダイナムコゲームスは2005年冬から稼動している業務用『マリオカート アーケードグランプリ』の続編である「2」を2007年3月に出荷開始するそうです。これは東京、大阪、福岡で順次開催される同社の新作展で明らかにされたもので、本体価格は99万8000円、改造キットは32万円で予定されています。

既報によれば、新作では「たまごっち」シリーズのキャラが新たにドライバーとして参戦するとのこと。前作では「パックマン」のキャラが登場しました。またコース中の「Mロゴ」を集めることで『マリオカートDS』のようなカートのカスタムが可能になるそうです。前作と同様に4列シートで対戦が可能になります。

アーケードに並ぶのが楽しみですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

    ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  2. 【CEDEC 2012】ゲームを使って楽しくリハビリを、『樹立の森 リハビリウム』で見えた課題と期待

    【CEDEC 2012】ゲームを使って楽しくリハビリを、『樹立の森 リハビリウム』で見えた課題と期待

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  5. ジャレコ、再生第一弾は『the:rpg(仮)』! ユーザーからアイデアを大募集!

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 欧米のDLゲームがほとんど日本の『ニンテンドーeショップ』で配信されない理由

  8. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  9. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

  10. TVアニメ「Wake Up, Girls!」ゲーム化決定…『アイマス SideM』のオルトプラスが開発

アクセスランキングをもっと見る