人生にゲームをプラスするメディア

アタリがShiny Entertainmentなど傘下開発会社を売却する方針

ゲームビジネス その他

第3四半期の壊滅的な業績を受けて、再建策を検討していた大手パブリッシャーのアタリは『Earthworm Jim』や『エンター・ザ・マトリックス』など著名なタイトルで知られるShiny Entertainmentなど傘下にある開発会社の売却や、従業員の20%カットなどの具体策を打ち出しました。伝説のゲームメーカー「アタリ」の名前を冠する会社が再び危機に陥っています。

この件についてShiny Entertainmentの創業者であるDave Perry氏は、会社を一時的に離れて最適な買い手を捜す方針を明らかにしました。「もちろん私は会社を売ることは出来ません。しかし色々なパブリッシャーに働きかけて会社を買うことに興味を持ってもらうことはできます」と同氏は述べています。

アタリ(親会社はフランスのインフォグラムス)の開発子会社にはShiny Entertainmentの他に、『パイロットウィングス』を開発したパラダイム・エンターテインメントや『V-Rally』のEden Studiosなどがあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く

  5. クリエイターズファイル 任天堂竹内高さん(Gpara.com)

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

  10. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

アクセスランキングをもっと見る