人生にゲームをプラスするメディア

米国で10周年を記念した「Pokemon Journey Across America」がキックオフ

ポケモンUSAは開催中のアメリカンインターナショナルトイフェアーにて、2月27日で日本で『ポケットモンスター 緑・赤』が1996年に発売されてから10周年を迎える事を記念して全米24の都市を回る「Pokemon Journey Across America」ツアーを開催すると発表しました。ポケモンは世界での売り上げが250億ドル、アニメは米国での日本アニメの主流を形作り、ポケモン収集はあらゆる地域の子供たちを魅了しました。

ゲームビジネス その他
ポケモンUSAは開催中のアメリカンインターナショナルトイフェアーにて、2月27日で日本で『ポケットモンスター 緑・赤』が1996年に発売されてから10周年を迎える事を記念して全米24の都市を回る「Pokemon Journey Across America」ツアーを開催すると発表しました。ポケモンは世界での売り上げが250億ドル、アニメは米国での日本アニメの主流を形作り、ポケモン収集はあらゆる地域の子供たちを魅了しました。

「私たちはポケモンがその10年間の歴史で築いてきた限りない成功を計り知れないほど誇りに思っています。私たちはポケモンを米国と世界で子供たちにとっての娯楽の発信源とすることができました。私たちは今年がポケモンにとって最も刺激的な一年になることを保証し、将来への展望を明らかにするでしょう」とポケモンUSAの千葉陽社長はコメントしています。

「Pokemon Journey Across America」は2月25日から7月22日の間に全米24の都市を回る盛大なツアーです。各都市では、誰でも参加可能なポケモン全米大会の予選などが実施されます。各地区の代表は夏にニューヨークで行われる決勝大会へと招待されます。

ポケモンUSAでは10周年にあわせて様々な企画を用意していて、早速トイフェアーでは携帯電話向けのコンテンツを提供するサイト「ポケモンモバイル」が開始されることが発表されました。ゲームでは3月の『ポケモントローゼ』など複数が予定され、アニメでも特別版の放映などが予定されています。「Pokemon Go」というテーマソングも用意されたようです。

国内ではどのようなイベントがあるのでしょうか。とりあえずポケモンセンターではゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネの配信が行われるようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  6. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  7. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  10. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

アクセスランキングをもっと見る