人生にゲームをプラスするメディア

EGMがビデオゲームの歴代キャラクタートップ10を発表

ゲームビジネス その他

年明けにも記念すべき第200号を迎える米国を代表するゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly」の200号記念特集の1つ、ビデオゲームの歴代キャラクタートップ10が1UP.COMにて先行公開されました。もちろん、任天堂の彼らもランクインしています。

第10位に選ばれたのは『トゥーム・レイダー』の主人公のララ・クラフトです。PSで発売されてアドベンチャーゲームの新天地を切り開きました。9位は『ポケモン』のピカチュウです。世界的な大ヒットとなった作品の代表的キャラと言ったら彼(?)以外にいません。8位は『Halo』のマスター・チーフでした。

続いて第7位には『ファイナルファンタジーVII』の主人公で「ADVENT CHILDREN」などでも活躍した、クラウド・ストライフが選ばれています。6位は一大ブームを巻き起こしたパックマンです。5位はセガを代表するキャラ、ソニック・ザ・ヘッジホッグが選ばれました。

第4位は『メトロイド』シリーズの主人公であるサムス・アランです。ニンテンドーDSでWi-Fiに対応した『メトロイドプライム ハンターズ』も注目されますが、メトロイドは映画にもなるようで、こちらも楽しみです。EGMが選んだ最も良かった登場作品はSFCの『スーパーメトロイド』だそうです。

第3位は小島秀夫氏が生んだ傑作『メタルギアソリッド』の主人公のソリッド・スネークです。PS3で制作されている最新作でもまだまだ活躍します。

2位は『ゼルダの伝説』シリーズの主人公のリンクです。任天堂のかっこいいキャラといえばこの人です。ゲームキューブで発売予定の『The Legend of Zelda』は今もっとも期待されているゲームの1つです。選ばれたベストゲームはNINTENDO 64の『ゼルダの伝説〜時のオカリナ』です。

20年間のビデオゲームの歴史を代表するキャラと言えばこの人以外に考えられません。第1位に選ばれたのは『スーパーマリオ』シリーズのマリオです。制約が幸いし生み出されたマリオは皆に愛されるキャラになりました。これからもゲームの顔として活躍してくれるでしょう。選ばれた代表作は『スーパーマリオ64』です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

    BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  8. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  9. バンダイナムコHD、平成27年3月期決算を発表 ― 欧米で『ドラゴンボール ゼノバース』が好調

  10. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

アクセスランキングをもっと見る