人生にゲームをプラスするメディア

ドワンゴがスパイクを買収

ゲームビジネス その他

今年3月にチュンソフトを傘下に収めた携帯電話向けコンテンツ大手のドワンゴは、『侍道』や『研修医 天堂独太』で知られるスパイクの株式の80%を取得し子会社化することを発表しました。

スパイクはゲームで多数のヒット作品を保有していて、ドワンゴのシステム構築・運用ノウハウとの相乗効果を得られるとしています。株式の取得元はスパイクを分割したスパイキーで、20%は保有し続けます。株式譲渡は16日になる予定です。

ドワンゴでは中間持株会社を設立してその傘下にスパイクとチュンソフトを置く予定で、持株会社との株式交換により、両社は持株会社の100%出資子会社となります。詳細に関しては決定次第発表するとのことです。

(ドワンゴ)→(中間持株会社)→(スパイク、チュンソフト)
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  2. 【GTMF2013】ネットゲームの面倒な部分、すべて引き受けます~痒いところに手が届く「モノビットエンジン」の全貌

    【GTMF2013】ネットゲームの面倒な部分、すべて引き受けます~痒いところに手が届く「モノビットエンジン」の全貌

  3. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

    グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. 【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売

  6. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  7. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 『クラッシュ・バンディクー』や『ラスアス』のノーティードッグ、公式グッズサイトをオープン

  10. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

アクセスランキングをもっと見る