人生にゲームをプラスするメディア

独立系デベロッパー大手のPandemic StudiosとBiowareが経営統合

ゲームビジネス その他

いずれも米国に置く独立系デベロッパー大手のPandemic StudiosとBiowareは投資会社のElevation Partnersの仲介の元で持株会社を設立して経営統合することを発表しました。新会社「BioWare/Pandemic Studios」の元に2社が入り、両社及びElevationからの経営チームが移籍して経営を統合します。

Pandemic Studiosは『Destroy All Humans』・『Full Spectrum Warrior』などで知られる開発スタジオです。Biowareの代表作には『Neverwinter Nights』や『Star Wars: Knights of the Old Republic』などがあります。どちらもスターウォーズ作品を手がけた経験があるという共通点があります。

Elevation Partnersは元エレクトロニック・アーツで社長兼COOを務めた John Riccitiello氏を中心にコンピューター業界の経営者が集まって設立された投資ファンドです。今年初めのアイドスの争奪戦に参加して破れていて、今回が初の投資案件となります。今回は3億ドル程度を出資することになるそうです。

統合会社は米国や豪州などを中心に全世界に450名を超える開発スタッフを抱える世界でも有数のスタジオとなりますが、今のところ新たな開発案件などは明らかにされていません。これからもTHQやルーカスアーツなどのパブリッシャーと仕事をしていくことになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. 今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  10. ナツメ、遊技機事業のアタリと経営統合

アクセスランキングをもっと見る