人生にゲームをプラスするメディア

『FF III』は2006年発売、『V』・『VI』のアドバンス移植も明らかに

ゲームビジネス その他

本日東京有明のTFTホールにて開催された「Nintendo DS Conference! 2005.秋」にてスクウェア・エニックスの和田洋一社長は、発表されてから続報の無かった『ファイナルファンタジーIII』について完全リメイクを施して2006年に発売することを明らかにしました。

開発を担当する田中弘道氏はDSでのリメイクについて「これまで何度も『III』を移植しようと企画していたのですが、移植予定のハードの寿命が尽きてしまったり、社内事情でスタッフが集まらなかったりと、これまで実現することができませんでした。そして発売から15年も経ってしまい、ただの移植に留まらない、ユーザーの期待に応えられる作品を作ろうと考えました」とコメントしています。

会場で上映された映像はキャラやフィールドが3D化されるなど大幅にリメイクがされていたようですが、田中氏は映像は変わったけれど元のイメージを崩さないように、開発には青木 和彦氏や石井浩一氏らを起用して制作しているとコメントしています。

またスクウェア・エニックスはニンテンドーDS向けに『マリオバスケット 3on3』の開発を行っていて任天堂からの発売となるそうです。和田氏は、DSならではの手触り感のあるゲームを研究する中で、バスケットゲームをマリオの世界観でできないかと、スクエニの側から任天堂にアプローチしたそうです。

最後に先日『ファイナルファンタジーIVアドバンス』を筆頭に携帯ゲーム機に移植されていくことが明らかにされましたが、『V』や『VI』もGBAに登場するようです。こちらも楽しみです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  5. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

  8. VR最高のマルチプレイゲーム目指す『EVE: Valkyrie』ローンチトレイラー公開

  9. 【GDC 2013 報告会】西川善司氏によるグラフィックス関連レポート・・・「GPUの進化は止まらない」

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る