人生にゲームをプラスするメディア

『FF III』は2006年発売、『V』・『VI』のアドバンス移植も明らかに

ゲームビジネス その他

本日東京有明のTFTホールにて開催された「Nintendo DS Conference! 2005.秋」にてスクウェア・エニックスの和田洋一社長は、発表されてから続報の無かった『ファイナルファンタジーIII』について完全リメイクを施して2006年に発売することを明らかにしました。

開発を担当する田中弘道氏はDSでのリメイクについて「これまで何度も『III』を移植しようと企画していたのですが、移植予定のハードの寿命が尽きてしまったり、社内事情でスタッフが集まらなかったりと、これまで実現することができませんでした。そして発売から15年も経ってしまい、ただの移植に留まらない、ユーザーの期待に応えられる作品を作ろうと考えました」とコメントしています。

会場で上映された映像はキャラやフィールドが3D化されるなど大幅にリメイクがされていたようですが、田中氏は映像は変わったけれど元のイメージを崩さないように、開発には青木 和彦氏や石井浩一氏らを起用して制作しているとコメントしています。

またスクウェア・エニックスはニンテンドーDS向けに『マリオバスケット 3on3』の開発を行っていて任天堂からの発売となるそうです。和田氏は、DSならではの手触り感のあるゲームを研究する中で、バスケットゲームをマリオの世界観でできないかと、スクエニの側から任天堂にアプローチしたそうです。

最後に先日『ファイナルファンタジーIVアドバンス』を筆頭に携帯ゲーム機に移植されていくことが明らかにされましたが、『V』や『VI』もGBAに登場するようです。こちらも楽しみです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

アクセスランキングをもっと見る