人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】パワプロクンポケット8(NDS)

任天堂 DS

さて、毎年恒例となりましたパワポケシリーズ最新作『パワプロクンポケット8』が12月1日に税込み5,229円で発売になります。今回はDSにプラットフォームを移しての作品になります。

今回はTGS2005に参考程度ですが、プレイアブル出展されていました。今回のサクセスは凡田や大神といったモグラーズ編でおなじみだったキャラクターが出演していることもあり、1軍、2軍の枠組みもあることからプロ野球編なのではないでしょうか?主人公は謎の組織に加入しているようで、組織に連絡をしているシーンも見受けられました。また、それに関係するパラメータもあるようでした。今回もまた濃いシナリオの展開が予想される野球編サクセスだと思われます。

パワポケポイントで購入する裏サクセスに関してはまだTGSの次点では明らかになっておりません。おそらくは前作パワポケ7の裏サクセスエンディングの一枚絵でかかれていた昭和冒険辺になると思われますが、これは情報が開示されるまで待つほかはないのでしょう。

さて、野球対戦パートですが、今回は携帯機では初めてHR競争があります。相変わらず、実際の試合パートでは打ちにくい部分が感じられますので、そのトレーニングでHR競争は中々いいのでは?ど真ん中にスローボールを放ってくるので、当てる練習にはなると思います。

実際の試合のほうはパワポケ甲子園よりはやりやすい感じがします。守備をマニュアルにした場合の対策なのでしょうか?ボールが大きく表示されるために非常に見やすいです。DSになったことでキャラクターの動きも非常に分かりやすいので、守備や走塁に関しては向上したと思います。しかし、打つほうは相変わらずやりにくいですが、これはしょうがないのかもしれません。

まだまだ、本格的な情報がオープンになっていませんので、何ともいえないですが、今後の続報で大きく印象が変わってきそうです。続報を楽しみに発売を待ちましょう。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

    【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

  2. 一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

    一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

  3. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

    【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  4. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  5. 『project OCTOPATH TRAVELER』現時点の情報まとめ─戦闘のカギを握る「BP」って何? フィールドコマンド「誘惑」「試合」の効果は?

  6. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  7. 【TGS2017】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ!モーション操作が全くの別ゲーに進化させていた

  8. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  9. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  10. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

アクセスランキングをもっと見る