人生にゲームをプラスするメディア

Newsweekが世界のトップブランド100を発表―任天堂は50位に

ゲームビジネス その他

ビジネスウィークが発表した世界の「The 100 Top Brands」で任天堂が50位にランクインしました。ブランド価値は6470万ドルでした(昨年は6479万ドル)。同誌は任天堂ブランドについて「停滞しているが携帯ゲーム機のニンテンドーDSはこれを上昇させる可能性がある」とコメントしています。

トップ10はコカコーラ、マイクロソフト、IBM、GE、インテル、ノキア、ディズニー、マクドナルド、トヨタ、マルボーロと常連が名前を連ねています。この他の日本企業はホンダ(19位)、ソニー(28位)、キヤノン(35位)、パナソニック(78位)、日産(85位)がランクインしています。

調査は自国以外の売上が1/3以上を占める企業が対象で、Visa、ウォルマート、CNNなどが除外されているのはこの為だそうです。また計算が困難という理由で航空会社も除外されています。これらは今後5年間の売上に占めるブランドからの収益や市場での立場、安定性、世界的な展開度等を加味してInterbrandが算出したものです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  3. 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

    【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

  4. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  5. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る