人生にゲームをプラスするメディア

ルーカス、今後の「スターウォーズ」は厳選されたものだけにする方針

ゲームビジネス その他

GameIndustry.bizによれば、ルーカスアーツは今後、「スターウォーズ」タイトルのライセンス管理を強化して、年間の発売本数を2タイトル程度に制限する方針を明らかにしました。

「今後のスターウォーズゲームの発売は真のメディアイベントになるでしょう。今までがファンの間だけでの静かな盛り上がりであったのと対照的に。販売本数は制限され質は向上します。世界同時の発売日でプラットフォームを横切って発売されるようになるでしょう」と副社長グローバルマーケットのJohn Geoghegan氏は述べました。

ルーカスアーツでは質の良いゲームだけを発売するようにすることによって長期に渡って有効なライセンスを維持して、カジュアルゲーマーを引き止めておきたい考えのようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る