人生にゲームをプラスするメディア

ルーカス、今後の「スターウォーズ」は厳選されたものだけにする方針

ゲームビジネス その他

GameIndustry.bizによれば、ルーカスアーツは今後、「スターウォーズ」タイトルのライセンス管理を強化して、年間の発売本数を2タイトル程度に制限する方針を明らかにしました。

「今後のスターウォーズゲームの発売は真のメディアイベントになるでしょう。今までがファンの間だけでの静かな盛り上がりであったのと対照的に。販売本数は制限され質は向上します。世界同時の発売日でプラットフォームを横切って発売されるようになるでしょう」と副社長グローバルマーケットのJohn Geoghegan氏は述べました。

ルーカスアーツでは質の良いゲームだけを発売するようにすることによって長期に渡って有効なライセンスを維持して、カジュアルゲーマーを引き止めておきたい考えのようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 板垣伴信氏、ヴァルハラゲーム代表取締役CTOを退任

  5. 任天堂の懐刀、NERDがクラウドコンピューティング導入に着手

  6. 【GTMF2013】CRIWAREを活用したネイティブアプリ開発におけるサウンド-ファイルサイズ圧縮などの強力なサポート

  7. 【CEDEC 2013】現実世界を取り込んで効率的なモデリングを実現、リアリティキャプチャー

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  10. 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

アクセスランキングをもっと見る