人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】桃太郎電鉄G ゴールド・デッキを作れ(GBA)

任天堂 GBA

約7年ぶりに携帯ゲーム機で発売になった『桃太郎電鉄Gゴールドデッキを作れ』ですが、シリーズ最新作の期待を裏切らないできになっています。

いつもの桃鉄に関していえば、相変わらずのノリを保ちながら最近の世相を反映した安心して遊べる内容になっています。ランダム要素のある駅が出来たり、よりいやらしい妨害が可能になる妨害系カード。物件なども新しいプロ野球チームなどが仙台にあったりといろんな部分でのトレンディー要素を含んでいます。おなじみ貧乏神は何かバリエーションが増えすぎなんじゃないかと思う悪乗りもありますが、シリーズを彩るキャラクターなのではないでしょうか?

さて、ソフトのタイトルにもあるようにカードに依存するモードがありますが、いつもの桃鉄を遊んでいるときにも常にカードのデッキを保存することが出来るようになっています。そして、そのカードデッキを持ち出していきなりある程度強い状態で始めるモードもあるので、これは中々通の人には楽しめるのではないでしょうか?このデッキですが、例えばいつもの桃鉄モードで作ろうとすると、人間一人に残りがコンピュータの敵キャラじゃ無いと出来ません。つまり、デッドヒートしている状況ですごいデッキを作るのは中々至難のわざと言うことになります。ただ、それだけに会心のデッキが作れれば、モードによっては非常に楽になることは間違いありません。

画面もある程度高性能なGBAということもあり不便を感じることなく遊ぶことが出来ます。

安定して遊べるゲームなので、ぜひともニンテンドーDSなどでも続編を発売してくれるのを期待しています。何年かに一度カードに特化したゲームが出ますが、この試みは結構面白かったように思います。次作ではまた別のテーマを選んでより楽しめる桃鉄ワールドを作り上げて言ってほしいと思います。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

    スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  3. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  4. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.3.1.0の注目ブキ8選

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  9. 『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

  10. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

アクセスランキングをもっと見る