人生にゲームをプラスするメディア

E3閉幕、参加人数は過去最大の70000人

ゲームビジネス その他

E3を主催するEntertainment Software Association(ESA―日本のCESAに当たる)は2005年のE3の全日程を無事に終えることが出来たと発表しました。今年も最も巨大で騒がしく注目を浴びる展示会は健在で、4日間の期間中に世界中から過去最大となる70000人以上が参加しました。

ロサンゼルスコンベンションセンターの547,000平方フィートにものぼる広大なスペースに5000本以上のゲームが集いました。これらのうち20%は今回のショーで初めて公開されたもので、うち80%が今年のホリデーシーズンまでに店頭に並ぶことになります。

「E3は常に新製品を売り出し、業界を形作る革新的な製品が生まれる場でした。今年もE3は何千フィートの会場の中で、新製品を披露し、横の繋がりを提供し、ゲーム業界の更なる進歩を示しました」とESA代表のDoug Lowenstein氏はコメントしています。

今年のE3は核となるゲームが少なく期待外れだったという声もあるようですが、次の世代を担う新ハードが登場した年として記憶されることでしょう。来年のE3は2006年5月10日〜12日に、今年と同じくロサンゼルスのコンベンションセンターにて開催されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  5. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 【TGS2017】『HordeZ Arcade』ミニプレイレポ―ビジネスデー限定の台湾のVRアトラクション

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  10. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

アクセスランキングをもっと見る