人生にゲームをプラスするメディア

E3にコンパニオンは不要!?「Anti Booth Babes」キャンペーン

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウでもお馴染み、各社のブースにいるコンパニオン達。E3にももちろん、より派手に過激な衣装のコンパニオンが居ます。あちらでは「Booth Babe」と呼ぶそうですが、米国のデベロッパー/パブリッシャーのAgetecは、ゲームを見る邪魔になるBooth Babeを追放しようと「Anti Booth Babes」キャンペーンを始めました。

Agetecではantiboothbabes.comをオープンして他の会社にも賛同するように呼びかけています。もちろん今年のAgetecブースにはBooth Babeは居らず、変わりに「魅力のない(失礼な)女性を10人雇う」そうです。更に同社はメディアにロゴの入った「おばあちゃんのパンティー」を配布するので、取材日を教えて欲しいと書いています。

サイトではキャンペーンのロゴ入りTシャツプレゼントの募集もされています。

「Anti Booth Babes」キャンペーンは冗談にしても、あまりそればかりに注目が行くのはどうかと思いますね。確かにイベントの華ではありますが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  3. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

    【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  4. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  5. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  8. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  9. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  10. ジャレコが「PocketNES」のソースコードを盗用?

アクセスランキングをもっと見る