人生にゲームをプラスするメディア

Game Informer Onlineが今年のE3を予測

ゲームビジネス その他

Game Informer Onlineがもうすぐ始まる2005年のE3の任天堂について予測と噂をまとめています。「レボリューション」がどこまで明らかになるのか、会場で遊べるものがあるのか、が気になる所ですが、どうもプレイアブルではないという予測が多いようです。

・『ゼルダの伝説』は今年のE3の焦点のひとつ。正式なタイトルとともに、GDCの映像の最後に吼える狼を登場させた意味が明らかになる
・新しい映像とともに、プレイアブルで3ステージが遊べる
・ゲームキューブは『ポケモンXD』・『マリオベースボール』・『ガイスト』・『任天堂ペナントチェイスベースボール』・『大玉』・『ドンキーコンガ3』・『マリオパーティ7』・『ファイアーエムブレム』が登場。『マリオ128』は「レボリューション」で
・とても多くのGBAタイトルの続編がDSで登場、『マリオ&ルイージRPG』が登場する可能性もある
・次の『マリオDS』は会場で遊べる
・『マリオベースボール』はE3で見られる唯一のマリオスポーツではない
・「真のGBAの後継機」は姿を見せない。しかし任天堂から携帯機に関して面白い情報がないわけではない
・ニンテンドーDSのオンライン戦略、ワイヤレスやオンラインのパートナー、サービス開始のタイムテーブルが明らかになる
・『どうぶつの森DS』・『マリオカートDS』を含めて、どのタイトルがオンライン対応になるか明らかになる
・DS向けのWi-Fiインスタント・メッセンジャー・ソフトウェアやそのほかのアプリケーションソフトについて発表する
・GBASPとDSの新カラーの発表
・「レボリューション」は技術デモやゲーム映像が見られる。しかしシステム自体は見せられず、プレイアブルなゲームもない。
・ハードのより詳しい詳細、正式な名称、幾つかのハードの仕様、他のハードと異なる「革命的な」部分が明らかにされる
・次は8月のスペースワールドか9月の東京ゲームショウで明らかにする、と発表がある
・アーケードの『マリオカートアーケードGP』はプレイアブル
・ゲームキューブのサードの独占タイトルは他のハードより少ない
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

    DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  7. 【OGC 2014】スーパーセル、『クラッシュ・オブ・クラン』や『ヘイデイ』を生み出した新進気鋭のデベロッパーの会社哲学

  8. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  9. 【MWC 2013】業界団体GSMAが主導するリッチコミュニケーションサービス「Joyn」 しかし普及は難しい?

  10. 次世代水準のファイナルファンタジーに挑戦した『Agni's Philosophy』・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

アクセスランキングをもっと見る