人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンが『トニーホーク』最新作などを発表

アクティビジョンは2005年第1四半期の業績を発表しました。その席で同社の期待される今年のラインナップの一部も明らかにしました。

ゲームビジネス その他
アクティビジョンは2005年第1四半期の業績を発表しました。その席で同社の期待される今年のラインナップの一部も明らかにしました。

同社の2005年3月31日に終わる2005年第1四半期の業績は、売上高が14億0590億ドルで前年同期より48%の増加、純利益は1億3830万ドルで、これも前年を大幅に上回りました。

アクティビジョンは同時に年内に発売するタイトルとして『Tony Hawk's Underground 3』・『X-Men Legends 2』・『Quake 4』の3つを挙げました。前二者はゲームキューブなどでも発売されそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 次世代の物量を乗り越える/『Agni's Philosophy』の最適化問題・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

    次世代の物量を乗り越える/『Agni's Philosophy』の最適化問題・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  2. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

    ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  3. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

    【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  6. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  7. 【ESCONF TOKYO】e-Sportsを学校で取り入れるべき理由とは?e-Sportsと教育は切り離せない関係に

  8. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  9. 世界が終わらない限り「Unity」はなくならない・・・Unite Japan基調講演

  10. 今週発売の新作ゲーム『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』『侍道外伝 KATANAKAMI』他

アクセスランキングをもっと見る