人生にゲームをプラスするメディア

次世代機向けゲームは10ドル高く―アクティビジョン社長

ゲームビジネス その他

米国の大手パブリッシャー・アクティビジョンCEOのRobert Kotik氏はBusiness Dailyとのインタビューの中で、次世代機向けのゲームは10ドル高く販売するつもりだと話しました。

アクティビジョンは次世代機向けのゲームを60程度で販売するつもりだそうです。現行機種のゲームは40ドル〜50ドル程度で販売されています。「私達は20年前から価格を引き上げていません。映画産業を見てください、20年前と上映時間は変わらないはずです。しかし、皆さんは倍の料金を払っています」

次世代機向けのゲームで価格が上昇するのではないか、というのは大方の予想ですが、公式に明言されたのはこれが始めてです。開発期間の長期化に加えて、より多くのライセンスを利用することになる為のコストなども価格値上げに向かわせるのではないかと推測されます。

国内ではどうでしょうか?
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

    【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

  4. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  5. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

アクセスランキングをもっと見る