人生にゲームをプラスするメディア

触って感じる映像音楽、DS『エレクトロプランクトン』4月7日発売

任天堂 DS

Games-Mayaの店長日記によれば、各地で開催されている任天堂の3月の新製品展示説明会にニンテンドーDS向けの『エレクトロプランクトン』という作品が展示されているそうです。詳細は不明ですが、日記では「触って感じる映像音楽」、癖になりそうな心地良さと評されています。

任天堂の岩田聡社長は「ほぼ日刊イトイ新聞」に寄せたメッセージで、「と光に触る遊びのソフトなど、年齢や性別、ゲーム経験の有無を問わず、幅広い層のみなさんにDSを楽しんでもらえるソフトをNintendogs以降も用意している」と述べていて、このタイトルを指していたものと考えられます。

任天堂は「ELECTROPLANKTON / エレクトロプランクトン」を昨年11月18日に商標登録しています。

このゲームは世界的に注目されるメディアアーティストの岩井俊雄氏が手掛けています。同氏はゲームではこれまでに『オトッキー』、『SIMTUNES』、『びっくりマウス』などを制作しています。(1962年愛知県生まれ、東京大学 先端科学技術研究センター特任教授など)

(2)発売日は4月7日で価格は4800円。プレイヤーのタッチや声に反応して、さまざまなかわいい仕草や声で応えてくれる10種類の小さな電子プランクトンと遊びます。ファミコンサウンドで即興演奏ができるモードや、プレイしなくても無限に新しい音楽を作り出すオーディエンスモードなども搭載されているそうです。

ヘッドホンが同梱されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

    『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  5. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  9. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る