人生にゲームをプラスするメディア

岩田社長インタビュー/Aamulehti紙

ゲームビジネス その他

フィンランドの新聞Aamulehtiの娯楽関係を扱う週間版Valoは1月27日にパリで開催されたプレスカンファレンスの際に収録された岩田社長のインタビューを掲載しました。なかなか読み応えのある面白いインタビューです。

技術について

過去20年間に渡ってビデオゲームは直線的な進歩/拡張を遂げました。言い換えれば、技術や機能の向上によってパブリッシャーはよりリアルで豪華なゲームを開発することが可能になりました。すぐ最近までこのような拡張が続いていた為に、ゲーム業界に関わる人は皆、非常に楽観的な未来があると信じていました。

しかし任天堂は別の考え方をしています。任天堂はそのような成功した図式が既に飽和点に達してしまったと確信しています。それが任天堂が別のアプローチを取ろうとする理由です。もっとも任天堂にとっては常に異なるアプローチをするのは当然のことなのですが。しかし、過去の踏襲が可能と考える人たちにとっては、何か変なことをやろうとしている、という風に映るかもしれません。

変わることについて

何か新しいことをやろうとする時には常にリスクが付き物です。しかし、以前と同じ事をやっていればゲーム人口は減っていく私達は考えます。そこには明るい未来はありません。ゆるやかな死に向かうことは望みません。

私達はそうはなりたくないので、今までと異なることに挑戦しなくてはならないのです。任天堂にとって幸運なことはそのような挑戦に耐えうる財務的な基盤を持っていることです。

完璧なビデオゲームについて

私にとって完璧なゲームとは、若い人も年配の人も、男性も女性も、ベテランのゲーマーも初心者の人も誰もが一緒に楽しめて、他の人を楽しませることの出来るゲームでしょう。私は任天堂のアプローチは少なくともある程度はその理想に近づいていると思います。

暴力的なビデオゲームについて

私達はある程度までそれらを認めなくてはなりません、それがゲーム業界を牽引しました。それは、それらのゲームが顧客の予期しなかったような驚きを与えることができた故の成功だと思います。では私達は同様の暴力的なゲームを作るべきでしょうか? しかし既に驚きを体験したユーザーに更に驚きを提供するのは困難な事でしょう。

結局、私達はどんな成功したゲームに続いていこうという気持ちはありません。言い換えれば、成功したゲームがあったとしても、いわゆる続編というものを作るつもりはありません。

女性のゲーマーについて

例えば日本ではこれらのデータを調査する為のオンライン会員を持っています。欧州でも同様のVIP会員制度があります。私達がニンテンドーDSを購入したユーザー層を調べると、一般的には子供のユーザーが多いと信じられていますが、女性のユーザーが多いことが理解できます。また、より高い年齢層のユーザーもDSを購入しています。

したがって、これらのデータから私達は新しい顧客を獲得しているということが分かります。

将来のゲームについて

ニンテンドーDSや他のどんな製品を発売する際でも、任天堂は常に市場を拡大したいという同様のコンセプトを持っています。私はより多くの人々がゲームを楽しむことを望みます。別の言葉で言えば、ゲーム人口が増えて欲しい。また、新しいユーザーは、既存のユーザーとは異なる人たちでしょう。熱心さという面では、そういう新しいユーザーはコアゲーマーとは比べ物にならないでしょう。

しかし新しいユーザーもゲームが生活の一部であることに気付くでしょう。またそういうユーザーも、まるで目の前に居るかのように、地球の裏側にいるユーザーとワイヤレスで通信をしたいと望むようになることでしょう。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

    バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  3. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. 基本無料ではなく完全無料!? 『Unreal Tournament』シリーズ最新作の挑戦

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  9. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  10. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

アクセスランキングをもっと見る