人生にゲームをプラスするメディア

次世代ワールドホビーフェア福岡会場レポート(画像追加)

ゲームビジネス その他

最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
  • 最後の会場です
第21回次世代ワールドホビーフェアの最後は今度「福岡ヤフージャパンドーム」と名前が変わる福岡ドームです。曇り空で快晴とは言えない天気でしたがドームですからそんな事は関係ありません。他の会場と同じく元気な子供達がたくさん集まりました。

バンダイブースでは『メテオス』の体験版が配布されていました。東京や大阪で配布されたものとはバージョンが異なり、難易度調整などがされているようです。配布には特別なROMを使っているようでした。ダウンロード時間は1〜2分ほど。1人用と2人用が楽しめます。ブースの前で対戦が盛り上がってました。私の名前を見た方もいるんじゃないかと思います。

午後1時からはメテオスのコーナーの反対側にあるバンダイのステージで『メテオス』のトーナメント大会が行われました。運良く私も出場できたのですが、一回戦でコテンパンにやられてしまいました、わはははは。ちなみに私が負けた少年が優勝したそうで、私が弱いんじゃなくて彼が強かったんです、ええ。

任天堂ブースでは『タッチ!カービィ!』・『スターフォックス アサルト』・『Dance Dance Revolution with MARIO』などが展示されていました。『キャッチ!タッチ!ヨッシー!』のスコアチャレンジは3600mくらいがトップでした。ゲームを体験するとスクラッチカードが貰え、開いて書かれている点数に応じてグッズが手に入りました。ステージでは『DDR』などのイベントが行われていました。

ポケモンブースでは『ポケモンダッシュ』の体験台が設置され、「ゴンベ」のコースのダウンロードサービスが行われていました。また、3月から開催される愛知万博の各アトラクションやポケパークの前景図も掲示されていました。ポケモンフレッツの宣伝、ポケモンカードのコーナーなどもありました。

セガブースではGBAでも発売されることが決定したムシキングをプッシュしていました。今大人気だそうで、沢山の人が集まってました。その他には『ぷよぷよフィーバー』のDSとPSP版がそれぞれ展示されていた他、PS2の『ソニックメガコレクション』や『スーパーモンキーボールデラックス』がありました。

コナミブースでは、こちらにも1台だけ『Dance Dance Revolution with MARIO』が展示されていました。この他には『パワプロクンポケット7』、『コロッケ!Great 時空の冒険者』などがありました。体感モノの野球ゲームもありましたね。

その他のブースを簡単に紹介すると、ナムコブースでは『パックピクス』が体験できました。最初の方の会場とは違って矢や爆弾が入った最新版だったようです。アドバンスムービーを展開するam3のブースでは300円でカードを書き換えられるアドバンスガチャポンが実際に体験でき、カードの販売も行われていました。キッズステーションブースでは『デュエルモンスーズ』や『でんじゃらすじーさん3』がありました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. VR脱出ゲーム『ラストラビリンス』発表! 場所は閉じ込められた館、隣には少女が

    VR脱出ゲーム『ラストラビリンス』発表! 場所は閉じ込められた館、隣には少女が

  3. 【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

    【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  6. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

  9. 【GDC 2013 報告会】西川善司氏によるグラフィックス関連レポート・・・「GPUの進化は止まらない」

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る