人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンがVicarious Visionsを買収

アクティビジョンはDS向け『スパイダーマン2』などを開発したニューヨークに本拠を置く開発スタジオのVicarious Visionsを買収したと発表しました。これまでも主にアクティビジョンと仕事をしていた会社なので特に大きな変更はないものと見られます。

ゲームビジネス その他
アクティビジョンはDS向け『スパイダーマン2』などを開発したニューヨークに本拠を置く開発スタジオのVicarious Visionsを買収したと発表しました。これまでも主にアクティビジョンと仕事をしていた会社なので特に大きな変更はないものと見られます。

Vicarious Visionsは現在Xbox向けの『Doom 3』を開発しています。GBAでも多数のタイトルを開発していて『トニーホークプロスケーター2』などで知られています。開発ツールのAlchemyの開発も行っています。

Vicarious VisionsのCEOのKarthik Bala氏は「私達は過去5年間の間にゲームボーイカラーからニンテンドーDS、XBox、PSPまで多岐に渡るプラットフォームでアクティビジョンと共に仕事をしてきました。アクティビジョンの家に入ることは私達を次の一歩に進め、偉大なゲームを偉大な会社と共に生み出すことを可能とするでしょう」とコメントしています。

アクティビジョンの出資比率は100%です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

    マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  5. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  8. 2009年、最も違法ダウンロードされたゲームは? 特にPCで被害が深刻

  9. サイバーガジェット、PSVita用アクセサリー15種を発売 ― 保護フィルム、プロテクトケースなど

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る