人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンがVicarious Visionsを買収

ゲームビジネス その他

アクティビジョンはDS向け『スパイダーマン2』などを開発したニューヨークに本拠を置く開発スタジオのVicarious Visionsを買収したと発表しました。これまでも主にアクティビジョンと仕事をしていた会社なので特に大きな変更はないものと見られます。

Vicarious Visionsは現在Xbox向けの『Doom 3』を開発しています。GBAでも多数のタイトルを開発していて『トニーホークプロスケーター2』などで知られています。開発ツールのAlchemyの開発も行っています。

Vicarious VisionsのCEOのKarthik Bala氏は「私達は過去5年間の間にゲームボーイカラーからニンテンドーDS、XBox、PSPまで多岐に渡るプラットフォームでアクティビジョンと共に仕事をしてきました。アクティビジョンの家に入ることは私達を次の一歩に進め、偉大なゲームを偉大な会社と共に生み出すことを可能とするでしょう」とコメントしています。

アクティビジョンの出資比率は100%です。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

    ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  2. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

    『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  3. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

    株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  4. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  5. カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  8. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  9. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  10. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

アクセスランキングをもっと見る