人生にゲームをプラスするメディア

ゲームクリエイターからの挨拶

ゲームビジネス その他

電撃オンラインに「さよなら>2004 ゲームクリエイターからのご挨拶 こんにちは>2005」という企画が掲載されています。任天堂関連の方も多数登場して気になるコメントを残しています。

ポケモン代表取締役社長兼CEOの石原恒和氏は2005年の抱負として「『ポケモン』集大成の年と言えるでしょう。GC、GBA、DSで、それぞれいくつかの新しいタイトルを予定しています」とコメントしています。

任天堂でFEシリーズを担当する西村建太郎氏は「来年はGC用ソフト『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、ニンテンドー DSでは『アドバンスウォーズ』をリリース予定です。どちらも開発スタッフ一同全力投球でがんばっていますので、ぜひよろしくお願いします!」とコメント。

『メテオス』に取り組んでいる桜井政博氏は「2004年末である今思うことと、2005年に実際にやることが、まったく異なるような仕事をしたいな、と思っています。予定していることをただ仕上げるだけではなく、臨機応変に新鮮なことをできればいいなぁと」とのこと。

セガの中裕司氏は「2004年夏に発表させていただいた『ファンタシースター ユニバース』、『ソニック・ディーエス(仮)』をはじめとするソニックシリーズなど、まだ発表していない新作もあわせ、2005年も今以上に皆さんを驚かせたいと思います」としています。

この他、ゲームフリーク取締役開発部長の増田順一氏、任天堂企画開発本部の中田隆一氏、竹内高氏、阿部悟郎氏、カプコンの小林裕幸氏、クローバースタジオの稲葉敦志氏、キューエンタテインメントの水口哲也氏、スクウェアエニックスの時田貴司氏らのコメントが紹介されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. 【GDC 2013】HTML5+JavaScriptで容易にWii Uでのゲーム・アプリ開発が可能に・・・「任天堂ウェブフレームワーク」発表

  5. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  6. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  7. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  8. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  9. 3DCG「ワルキューレ」お披露目!エースコンバットチームが作成した「ゼビウス 3Dモデル」と共に配布予定

  10. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

アクセスランキングをもっと見る