人生にゲームをプラスするメディア

ゲームクリエイターからの挨拶

電撃オンラインに「さよなら>2004 ゲームクリエイターからのご挨拶 こんにちは>2005」という企画が掲載されています。任天堂関連の方も多数登場して気になるコメントを残しています。

ゲームビジネス その他
電撃オンラインに「さよなら>2004 ゲームクリエイターからのご挨拶 こんにちは>2005」という企画が掲載されています。任天堂関連の方も多数登場して気になるコメントを残しています。

ポケモン代表取締役社長兼CEOの石原恒和氏は2005年の抱負として「『ポケモン』集大成の年と言えるでしょう。GC、GBA、DSで、それぞれいくつかの新しいタイトルを予定しています」とコメントしています。

任天堂でFEシリーズを担当する西村建太郎氏は「来年はGC用ソフト『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、ニンテンドー DSでは『アドバンスウォーズ』をリリース予定です。どちらも開発スタッフ一同全力投球でがんばっていますので、ぜひよろしくお願いします!」とコメント。

『メテオス』に取り組んでいる桜井政博氏は「2004年末である今思うことと、2005年に実際にやることが、まったく異なるような仕事をしたいな、と思っています。予定していることをただ仕上げるだけではなく、臨機応変に新鮮なことをできればいいなぁと」とのこと。

セガの中裕司氏は「2004年夏に発表させていただいた『ファンタシースター ユニバース』、『ソニック・ディーエス(仮)』をはじめとするソニックシリーズなど、まだ発表していない新作もあわせ、2005年も今以上に皆さんを驚かせたいと思います」としています。

この他、ゲームフリーク取締役開発部長の増田順一氏、任天堂企画開発本部の中田隆一氏、竹内高氏、阿部悟郎氏、カプコンの小林裕幸氏、クローバースタジオの稲葉敦志氏、キューエンタテインメントの水口哲也氏、スクウェアエニックスの時田貴司氏らのコメントが紹介されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  2. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

    スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  3. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  4. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  5. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  6. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  7. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

アクセスランキングをもっと見る