人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDS2週目売上はPSPを上回る18.1万台―最新週間売上

ゲームビジネス その他

ニンテンドーDSの発売日から2週目となった12月6日〜12日の本体売上は18.1万台だったようです。12日に発売されたライバルのPSPは16.6万台とのことで、上回ったことになります。非常に好調で、クリスマス・年末商戦と益々期待できるのではないでしょうか。

累計の販売台数は62.2万台で、出荷数が70万台だと仮定すると消化率は88%となります。対するPSPの消化率は83%となっており、こちらでも上回ったことになります。ニンテンドーDSの年内出荷は140万台が予定さています。

7位 さわるメイドインワリオ(56000本/174000本)
8位 スーパーマリオ64DS(52000本/172000本)
15位 ポケモンダッシュ(23000本/73000本)
23位 大合奏!バンドブラザーズ(17000本/49000本)

ソフトは上のようになっていてワリオとマリオが好調です。

ニンテンドーDS以外の任天堂陣営も好調で、じわじわと売上を伸ばしてきた『マリオパーティ6』や『ポケットモンスター・エメラルド』、『まわるメイドインワリオ』が目を引きます。GBASP本体も依然好調で前の週より1.8万台多い5.2万台売れたそうです。

4位 ロックマンエグゼ5チーム・オブ・ブルース(66000本/66000本)
9位 マリオパーティ6(39000本/211000本)
10位 ヨッシーの万有引力(34000本/34000本)
11位 ポケットモンスター・エメラルド(32000本/1193000本)
16位 NARUTO 激闘忍者大戦!3(22000本/177000本)
19位 パワプロクンポケット7(20000本/59000本)
20位 コロッケ! Great 時空の冒険者(18000本/18000本)
21位 機動戦士ガンダムvsZガンダム(18000本/18000本)
24位 まわるメイドインワリオ(15000本/297000本)
27位 ふたりはプリキュア ありえな〜い!夢の国は大迷宮(12000本/12000本)
29位 マリオテニスGC(11000本/271000本)
30位 キングダムハーツ・チェイン・オブ・メモリーズ(10000本/262000本)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 【TGS2017】『HordeZ Arcade』ミニプレイレポ―ビジネスデー限定の台湾のVRアトラクション

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る