人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイが「Revolution」とDSについてコメント

ユービーアイソフトの社長兼CEOのBrian Farrell氏は今朝ニューヨークで開催された証券会社主催の説明会「UBS's 32nd Annual Media Week Conference」にてプレゼンテーションや様々な質問に答えました。次世代機「Revolution」とDSに関する部分を紹介します。

ゲームビジネス その他
ユービーアイソフトの社長兼CEOのBrian Farrell氏は今朝ニューヨークで開催された証券会社主催の説明会「UBS's 32nd Annual Media Week Conference」にてプレゼンテーションや様々な質問に答えました。次世代機「Revolution」とDSに関する部分を紹介します。

任天堂の「Revolution」を始めとする次世代機のタイムラインについては「私達は2005年中に1つ、翌年に2つ発売されるに賭けます。私達は任天堂の次のプロダクト、Revolutionについても多くを聞き始めています。発売は2006年でしょう」。

携帯ゲーム機に関しては「PSPは16歳かその上くらいがターゲットでしょう。PSPではMXやWWEなどのコアなフランチャイズを投入するでしょう。DSは16歳より下の世代がターゲットです。インクレディブルやSpongeBobなど、私達の大衆を対象にしたキータイトルは全てDSとGBAで発売されるでしょう。私達はソニーはハイエンドなマーケットで勝利し、任天堂が今まで勝利してきたマーケットで勝利するだろうと思います」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

    『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  4. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  5. ピンボールをデジタル化して後世に残したい・・・FarSight Studiosが始めたKickstarter

  6. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  7. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  8. 【レトロゲーム事情】第1回 電気用品安全法(PSE法)について

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る